メール

IR情報

小売業向け基幹システム事業について

百貨店に必要な機能を網羅。低コストかつ高機能な基幹システム

小売業向け基幹システム「RITS(リッツ)」は、日本初のオンラインPOSシステムを開発したアイティフォーが2004年、小売業に関する豊富なノウハウと技術を結集して開発したパッケージシステムです。独立系であるアイティフォーはメーカーに左右されることなくコスト面、性能面において最適な設計を行えることが特長です。売場ごとの収益や商品の動き、顧客の購買動向のリアルタイム処理を低コストで実現。商品管理・販売管理・顧客管理など必要な機能を網羅したシステムとして、百貨店業務をきめ細かくサポートしています。

専門店向けシステムにも展開。モジュール(機能)単位で導入が可能

「RITS」の大きな特長は、モジュール(機能)単位で自由に組み合わせて導入が可能なこと。そのため、業態や規模にとらわれることなく、様々な専門店でも採用が進んでいます。この特長を生かして、電子マネーの決済機能やポイント管理機能、まとめ販売や組み合わせ販売といった多様な販売促進機能や売場分析機能を導入することができます。小売業界では、スマートフォンの普及によって、実店舗の基幹システムとECサイトを連携させて顧客の囲い込みを実現する「オムニチャネル」への対応が進んでいますが、そうした時代の変化にも対応。「RITS」は、お客様のニーズに合わせて、進化を続けています。

幅広い業種・業態で導入しやすい短納期×クラウド

「RITS」の魅力は、百貨店、アパレル・靴などの専門店、ホームセンターなど、あらゆる業種に対応でき、短納期を実現していること。クラウド版なら、自社システムを保有したくないというご要望にもお応えします。