メインメニューへ
サブメニューへ
コンテンツへ
製品ページのリンクへ
お問合せ/地図/サイトマップ/英語ページへのリンクへ
ページトップ
お問合せフォームへサイトマップへEnglish site

プレスリリース

PressRelease
2004.04.07

ITFOR「個人情報漏洩対策統合システム」発売のお知らせ
〜企業経営者の視点に立った情報セキュリティシステム〜

Finest Solution Providerの株式会社アイティフォー(以下:ITFOR,代表取締役社長:須賀井孝夫、資本金:9億5,500万円、本社:東京都千代田区一番町21番地)は、企業の個人情報漏洩対策を支援するシステムとして、これまでのセキュリティに対する一般的な考え方を抜本的に見直し、企業経営者の視点に立った「個人情報漏洩対策統合システム」を4月7日から発売します。

今回発売する「個人情報漏洩対策統合システム」は、当社のこれまでのセキュリティ・マネジメントについての実績と、ノウハウ、セキュリティ製品に関する知識と運用経験を総結集して開発した統合システムですが、これまでとは全く異なる視点から企業のセキュリティポリシーを考察します。

企業経営の存続に直結する深刻な個人情報漏洩に関するコンサルティングからシステムの運用・管理まで、当社が一貫したサービスを提供してまいります。

1.発売の背景

最近、企業のシステムに蓄積された機密情報や、個人情報が外部に漏洩する事件・事故が多発し、企業にとっては信用失墜による顧客離れや損害賠償請求訴訟など、重大な経営問題に発展しています。

これまでは、インターネットを通した外部からの不正侵入や、本来アクセス権限を持たないユーザーによる情報取得を防ぐセキュリティ対策に重点が置かれていましたが、昨今の情報漏洩の大部分は、正規のアクセス権限を持つ内部ユーザーによる犯行であることから、これまでのセキュリティ対策では、決して十分とはいえません。

ITFORでは、これまでの外部からの不正侵入防止のためのセキュリティ対策システムに加え、今回は特に内部セキュリティ対策に重点を置いた「個人情報漏洩対策統合システム」を開発しました。

2.「個人情報漏洩防止統合システム」の特長

(1)社員の情報利用を徹底管理

どの社員がどの情報にアクセスできるかはもちろんのこと、実際にどの情報にどのようにアクセスしたかの情報を、管理者が的確に把握することが可能となります。

(2)情報漏洩が予想される出口を大幅に絞込み

情報漏洩の可能性のある出口を、当社のセキュリティのエキスパートが徹底的に調査し、漏洩を防止するための最適手段を提供します。

(3) 情報媒体の安全保管から適正廃棄までを完全追跡

CD、フロッピーディスク、ハードディスク等、特に情報漏洩に使用されやすいメディアについては徹底的に管理する手法を提供いたします。情報媒体や機密書類の搬出から保管、廃棄に至るまで、GPS(Global Positioning System;全地球測位システム)を駆使し、完全追跡します。

(4) 映像や音声を連携させて、事件・事故を未然に防止

ネットワークやパソコン内部の監視だけでなく、視覚センサーや音声通信システムなどを総動員して、ユーザーの不正操作を監視します。万一、不正が発見された場合は、直ちに緊急防衛策が働き、情報が外部に漏れないようにします。

(5) お客様のニーズに合わせた最適ソリューションの提供

お客様のニーズ、プライオリティに応じ、当社のセキュリティエキスパートが最適な防止対策システムを提案します。また、定期的にセキュリティ診断を行い、情報漏洩の危険を早期に発見し対策を施します。

以上

個人情報漏洩対策システム
についてのお問合せ先

株式会社アイティフォー
ネットワークソリューション 事業部
TEL:03-5275-7909 FAX:03-5275-7921
お問合せフォーム
プレスルーム
ページの頭へ戻る  
  お問合せ   地図   サイトマップ   ENGLISH
サイト内検索    
(c) 2016 ITFOR , Inc. All rights reserved.
IE6,FireFox3.0以上でご覧ください