メール

プレスリリース

ランサムウェア「WannaCry」を予測防御する「プロテクトキャット」販売強化

2017年5月31日
株式会社アイティフォー

【販売強化】猛威を振るうランサムウェア「WannaCry」を予測防御するマルウェア対策ソフト
〜営業人員を倍増、プロテクトキャット Powered by Cylance〜

株式会社アイティフォー(東京都千代田区、代表取締役社長:東川 清)は、「WannaCry」など未知のマルウェアを予測防御する対策ソフト「プロテクトキャット Powered by Cylance(MOTEX社)」の販売強化に乗り出します。身代金要求型不正ウイルス「WannaCry」は今年5月12日から世界的な被害拡大が報告されています。従来の対策ソフトがマルウェアの検知をパターンマッチングで行っていることに対し、本製品はAI(人工知能)を用いて、「正常」か「マルウェア」かを自動判断することが従来と大きく異なる特長です。パターンファイルが不要なため、半年前の検知アルゴリズムを用いた場合でも、ランサムウェア「WannaCry」を確実に検知できたことが全世界において大きな話題となっています。当社ではすでに数千クライアントを受注するなど好調な引き合いを受け、5月1日から営業人員を従来の5名体制から倍増、販売体制を強化しました。価格は100ライセンスの場合、1クライアント1年間で税抜き12,400円から。今後1年間で20,000クライアントの受注を目標とします。

AI(人工知能)でマルウェアを予測防御

AI(人工知能)を活用し、10億個を超えるマルウェアのファイルから約700万の要素を抽出、独自のアルゴリズムで「正常」か「マルウェア」かを自動判断します。従来使われてきたシグニチャ方式、振る舞い検知方式、サンドボックス方式などに比べ、確実な防御が可能です。仮に標的型の怪しいメールを開封してしまったとしても被害を未然に防ぎます。パターンマッチングでは発見できない未知の脅威を未然に発見し、サイバー攻撃から企業を守ります。

パターンファイル不要、オフライン環境でも

ウイルス対策ソフトで一般的な「パターンファイルの更新」が不要なため、煩わしい操作やパソコンへの負荷、また更新忘れによる感染の心配がありません(半年に一回程度、アルゴリズムのアップデートを行うのみです)。さまざまな角度からマルウェアを分析し、マルウェア特有の悪意ある構造をリアルタイムに検知します。なお、インターネットへの接続が不要なため、セキュリティに厳格な金融機関や自治体などのオフライン環境においても導入していただくことができます。

製品ページ

身代金要求型不正ウイルス「ランサムウェア」を予測防御
 プロテクトキャットPowered by Cylance
 https://www.itfor.co.jp/sol_network/security/ProtectCat.html
 

(注1)
ランサムウェア「WannaCry」について
ランサムウェア「WannaCry」はWindows OSにおけるSMBv1サーバの脆弱(ぜいじゃく)性を突いて感染するものです。今回の大流行を受け、緊急性を危惧したMicrosoftはサポートが終了しているWindows XP、Windows 8およびWindows Server2003向けにも修正パッチをリリースする事態へと発展しています。
(注2)
MOTEX社について
エムオーテックス株式会社(MOTEX)はネットワークセキュリティおよびIT資産管理ソフトでトップシェアの企業です。主力製品はLanScope Cat。アイティフォーは2004年から同社製品を販売しています。
(注3)
Cylance(サイランス)社について
プロテクトキャットPowered by Cylanceは、CylanceのOEM製品です。Cylance社は人工知能アルゴリズムを活用したサイバー・セキュリティ企業です。同社は2012年7月にMcAfeeの元CTOが創業し、サイバー・セキュリティ業界から最も注目を集めている企業の一つとして知られています。
関連製品
報道機関からのお問い合わせ先

広報部 TEL:03-5275-7914 E-mail:

株式会社アイティフォーの概要

代表者:代表取締役社長 東川 清
本社所在地:〒102-0082 東京都千代田区一番町21番地 一番町東急ビル
事業内容:システムインテグレーター(システム構築)
東証第一部(4743)
電話:03-5275-7841(代表)
URL:http://www.itfor.co.jp/

プレスリリースの文章や画像データはご自由にお使いください。
pageBottomJSarea