メインメニューへ
サブメニューへ
コンテンツへ
製品ページのリンクへ
お問合せ/地図/サイトマップ/英語ページへのリンクへ
ページトップ
お問合せフォームへサイトマップへEnglish site

プレスリリース

PressRelease
2002.5.29

サービサー管理システム、12社目が稼動
足利銀行系のやしお債権回収(株)4月から業務開始

当社が開発したサービサー管理システムを、足利銀行が100%出資、設立した債権回収管理会社(サービサー)のやしお債権回収株式会社(代表取締役社長:小倉理一郎、資本金:5億円、本社:栃木県宇都宮市陽東6丁目4番17号)に販売、やしお債権回収株式会社は5月1日よりシステムの本格稼動を開始しました。

サービサーとは、延滞債権の回収を専業とする企業のことで、過去には弁護士資格を必要としましたがサービサー施行により、法務大臣の認可があれば弁護士資格がなくても債権の回収を行うことができるようになりました。

法務大臣より認可を受けているサービサー会社は全国に65社ありますが、ITFORはこのうち11社に納入しており、やしお債権回収株式会社で12社目となります。また、地方銀行系列でサービサーの認可を受けたのは、やしお債権回収株式会社を含め4行あり、ITFORは地銀系列の2行目の導入となります。

また、サービサー・システムとは、受託債権、買取債権、無担保債権、有担保債権、個人債権、法人債権などの各種延滞債権の回収にあたって、電話による支払督促から法務省提出書類作成機能をふくめ、強制執行や競売までの法務処理機能に対応したシステムです。システムとしては、LAN環境(集中センター方式)、WAN環境(分散センター方式)のどちらでも対応できる柔軟性を持っています。

ITFORは、サービサー・システムを未導入のサービサー会社のほか、ITFORの金融パッケージ・システムを導入済みの地方銀行を主とする金融機関や、リース、クレジットなどのノンバンクへ年間10システム、約2億円の販売を計画しています。

やしお債権回収株式会社へ今回導入したシステムの特長は、次の通りです。

    1. 金融機関からの債権譲受(買取債権)や回収受託(受託債権)のいずれにも対応できる。

    2. 無担保の債権管理に加え、有担保債権における担保管理機能が充実。

    3. サービサー管理に必要な処理部分のみをモジュールで導入することにより、システム構築の節減と導入期間の短縮ができる。

    4. 債権管理のみならず、経理・財務管理システムや人事管理システム、セールス支援システムとのシステム的連携が可能なため、経営の統合的管理システムの構築ができる。

■基本構成図

>>サービサーシステムについて

以上

プレスルーム
ページの頭へ戻る  
  お問合せ   地図   サイトマップ   ENGLISH
サイト内検索    
(c) 2018 ITFOR , Inc. All rights reserved.
IE6,FireFox3.0以上でご覧ください