RPA 業務自動化ソリューション(NICE APAシリーズ)

RPAお役立ち情報

メール

RPAお役立ち情報

RPAとは何?RPAをなぜ導入するの?導入時に注意することは?など、RPAに関するお役立ち情報を連載します。

  1. 07 失敗しないRPAツール選定ポイントは?

    RPAツールは、国内外のベンダーから多数の製品が開発・販売されていますが、ツールによって特徴やタイプが異なります。せっかく導入しても効果があまり得られない・・・そんな失敗をしないためには何を基準に選定すべきでしょうか?そのポイントをご紹介します。

  2. 06 RPAツールはどういう業務に有効?

    多種多彩なオフィス業務にあって、RPAツールは、どのような業務に活かすと効果的なのでしょうか。ここでは、傾向としてRPAツールが適用されやすい作業を紹介します。

  3. 05 半自動化や業務支援型のRPAロボットも積極活用せよ!

    RPAツールを導入して業務プロセスの1から10までを全自動化(フルオート)しようと考えている方は多いでしょう。確かに全てのプロセスをロボットに代替出来る定型業務は真っ先に全自動化すべきですし、24時間365日休まずミスしないロボットは大きな魅力です。

  4. 04 RPA導入の第一歩 ―RPAツールの4つのレベルを知る

    RPAツールは、多くの企業が導入の検討を進めています。RPAツールはさまざまなベンダーが提供していますが、どのツールでも得られる効果は同じというものではありません。RPAツールにはレベルがあり、それぞれで適用業務範囲が異なります。まずはそのレベルの違いを知っておく必要があります。

  5. 03 RPAは時代が求める救世主。その背景とは?

    労働環境において、大きな期待が寄せられているRPA。その背景にあるのは、労働人口の減少、働き方改革の推進において、課題解決となる労働生産性の向上を実現するカギとしての期待です。RPAの持つ社会的な影響力を取り上げてみます。

  6. 02 オートメーションの歴史に見る、ロボット化の必要性

    業務の自動化により改革をもたらしたロボットと言えば、工場で活躍する産業用ロボットです。業務改革を推進する点ではRPAも同様でも、根本的な相違点があります。そうした違いを見比べながら、RPAの特徴を紹介します。

  7. 01 RPAの概念を紐解く

    今やバズワードとなるほど注目されているRPA(Robotic Process Automation:アールピーエー)。その期待は大きく、働き方改革や業務改革をテーマとする企業にとって、もはや必須と言えるほど。RPAとは、どういうものなのか。その概念を紐解きます。