RPA 業務自動化ソリューション(NICE RTSシリーズ)

RPA業務自動化シリーズのご紹介! RPA選択の秘訣は?

メール

RPA(Robotic Process Automation)とは、デジタルレイバー(Digital Labor=仮想知的労働者)と言われるソフトウェアのロボットを活用して業務を自動化することです。
バックオフィス部門の業務を自動化して、人間が行うよりも圧倒的な速度と正確さで業務をこなすことから今、大きな話題となっています。しかも、既存システムを一切、改修する必要がないため、早期導入する企業が増えています。
RPAなら実力No.1のアイティフォー(東証第一部)にぜひご相談ください。

RPA業務自動化ソリューション「そろそろロボット従業員を雇いませんか?」
※音声がありますのでご注意ください。(4分)

RPA業務自動化ツールの4つのレベル

RPA業務自動化ツールは、次の4つのレベルに定義されます。

レベル1 単純な制御機能であり、Excelのマクロなどが代表的。
単一アプリケーションでの作業を自動化。もしくは簡単なアプリケーション間連携。
レベル2 複数パターンの業務フローに対応が可能。
CRMやERPのようなアプリケーションだけでなく、基盤システムとの連携が可能。
レベル3 弱い人工知能を使って対応パターンを自動的に学習するレベル。
人が介入せずともロボットが自動で判断して行動することが可能。
レベル4 汎用AIのような強い人工知能を活用して人間と同じかそれ以上の人工知能をもったロボットレベル。

アイティフォーがご提供するNICE社の「RPA業務自動化 全自動ロボ」「RPA業務自動化 半自動ロボ」は、レベル2、もしくはレベル2.5と位置づけています。ExcelなどのMicrosoft Office製品などとの単純なアプリケーション連携だけではなく、ERP、CRM、SCMなどのアプリケーションのほか、Webやクラウドベースのアプリケーション、さらにはホストやメインフレームなどの基幹系システムとの連携が可能であり、企業の業務改革やプロセスの自動化ツールとして大きな効果が見込めます。

他社のRPAとはここが違います!

アイティフォーのRPAは、単一/簡単な業務フローはもとより、複数業務が連なる手続きや人間の判断に応じて処理ルールが異なる複雑な業務フローの効率化・最適化にも効果を発揮する自動化ソリューションです。作業レベルではなく、部門毎の業務改善を進めながらの全社的な業務改革の実現を目的とされているならば、アイティフォーのRPAが最適です。

ここが違う1:自動連携できるアプリケーションが豊富

多くのRPAは、自動連携できる業務がExcel等のMicrosoft OfficeやWebなどマクロで動作するアプリケーションに限定され、簡単な業務フローにしか対応できません。それに対して、当社のRPAはメジャーな業務パッケージや開発言語で作られたアプリケーションであれば連携がとれます。また、自社開発やERPをカスタマイズしたシステムとも実績が豊富ですので、自動化できる業務の範囲がずっと拡がります。

ここが違う2:集中管理だから安心

アイティフォーのRPAは、管理サーバーによる集中的な運用管理を行っており、作成したロボット用のマニュアル(ビジネスルールを定めたもの)を必ず管理サーバーへアップし、そこから各ロボットへ配信しています。ルール変更にもすぐ対処ができ、また、どのロボットにどういったマニュアルを配布するかはシステム管理者がコントロールしているため、リスクマネジメントの観点からも安心です。

ここが違う3:半自動ロボと組み合せられます

企業内の仕事は定型・繰り返し業務だけではありません。業務フローの過程で人間による判断が必要とされ、判断結果に応じてそれぞれ異なる処理へと分岐して進める複雑な業務フローが多くあります。「RPA業務自動化 半自動ロボ」は、人間の判断を必要とする業務において、(人間に代わり)、判断材料を「正確に」「早く」検索・表示して人間に判断を求め、判断に基づき、(人間に代わり)データを入力して、人間が行なう業務をアシストするロボットです。
半自動ロボを業務フローの要所要所にセットして全自動ロボと組み合せることで、複雑な業務でも、作業効率と正確性を最大化します。

2つの業務自動化製品をご提供

全自動ロボと半自動ロボ、2種類の製品を用意しています。用途に合わせてお選び頂けます。

PCでの作業をすべて自動化(NICE RTSシリーズ)
RPA業務自動化 全自動ロボ「ナイス・ロボティックオートメーション」

人間30人分以上の処理能力を持つ業務完全自動化ソリューションです。人間が行うPC操作のすべてを自動化することができます。例えば、「顧客データベースから氏名と電話番号をコピーしてメールシステムへ貼り付け、メールを送信する」、など繰り返し大量に行う作業の自動化に最適です。

※詳細 =>ナイス・ロボティックオートメーション

ナイス・ロボティックオートメーションイメージ

スムーズな業務遂行をナビゲート(NICE RTSシリーズ)
RPA業務自動化 半自動ロボ「ナイス・デスクトップオートメーション」

人間が行なう業務をアシストして、経験・スキルに依存せず、効率良く・正確な判断にもとづく業務遂行をナビゲートする半自動化ソリューションです。判断材料の各種情報の自動収集や操作ヘルプ・アラートなどのガイダンスのポップアップ表示をしてくれます。

※詳細 =>ナイス・デスクトップオートメーション

ナイス・リアルタイムプロセス・オプティマイゼーションイメージ

NICE社製品なら実績No.1のアイティフォーへ

パートナーシップ「Platinum認定」を獲得

1999年以来、NICE(ナイス)社の製品を取り扱ってきたアイティフォーは、同社製品の売上高において国内No.1の実績を誇ります。

数十の販売代理店を有するAPAC(アジア太平洋)地区においてもアイティフォーは販売実績1位。これらの実績から、アイティフォーはNICE社が認定する3段階のパートナーシップにおいて最高位の「Platinum(プラチナ)認定」を獲得しています。日本国内において、アイティフォーによる同社製品の導入社数は200社以上。銀行、信金、証券、生保、損保など多くのお客さまから高い信頼をいただいています。NICE社の製品ならアイティフォーにお任せください。

NICE AUTHORIXED PLATINUMPARTNERNICE Platinum Partner