データ復旧サービス事例

リンクステーション(LinkStation)

バッファロー社製、ネットワーク対応HDD(NAS) のリンクステーションのデータ復旧事例をご紹介いたします。

起動不能

  • 媒体:障害型番:LS-XH500L OS:XFS ドライブ容量総計:500GB
  • 障害内容:ファームのエラーで起動しなくなってしまった。メーカーのサポートに電話したが復旧できなかった。
  • 結果:フォーマットによるドライブ故障。損傷部分を修正し、復旧を行いました。
  • 復旧容量:85GB
  • 復旧ファイル数:94,858

アクセス不能

  • 媒体:障害型番:LS-X2.0TLJ ドライブ容量総計:2TB
  • 障害内容:データの書き込み時、常時点灯ランプが点滅しエマージェンシーモードになってしまう。
  • 結果:リードエラーによるハード不良、ドライブ故障。HDDのデータ読み取りは99%成功しました。構造情報にも損傷がありましたが、損傷部分を修正し、復旧を行いました。
  • 復旧容量:108GB
  • 復旧ファイル数:29,402

ランプの点滅、起動不能

  • 媒体:障害型番:LS-WX2.0TL/R1 OS:XFS 2台RAID ドライブ容量総計:2TB
  • 障害内容:ランプが青色に点滅しているため、再起動を試みたが復旧しない。
  • 結果:RAID0部分のドライブ故障。2台共にイメージの読み取りは100%成功しました。回収に影響する損傷はありませんでした。
  • 復旧容量:2GB
  • 復旧ファイル数:888
  • 復旧率:100%

エラーメッセージの表示

  • 媒体:障害型番:LS-WX2.0TL/R1 2台RAID ドライブ容量総計:2TB
  • 障害内容:「E22(ハードディスクのマウントに失敗しました。ハードディスクのフォーマットを行ってください。)」とエラーメッセージが表示される。
  • 結果:電気系によるハード不良、ドライブ故障。HDDの読み取りは1台目は100%、2台目は99%成功しました。RAID0の再構築を行いました。損傷部分を修正し、復旧を行いました。
  • 復旧容量:41GB
  • 復旧ファイル数:150,983
  • 復旧率:99%

RAID構成エラー

  • 媒体:障害型番:LS-QV4.0TL/R5 4台RAID ドライブ容量総計:4TB
  • 障害内容:1台が故障しリビルドを行っている途中、他の1台も故障し、リビルドが失敗してしまった。
  • 結果:リードエラーによる物理障害、ドライブ故障。HDDの読み取りは4台中3台は100%、残りの1台は99%成功しました。RAID5を再構築しました。構造情報にも損傷があったため、損傷部分を修正し、復旧を行いました。
  • 復旧容量:464GB
  • 復旧ファイル数:504,091
  • 復旧率:99%

エラーメッセージの表示

  • 媒体:障害型番:LS-Q4.0TL/R5 4台RAID ドライブ容量総計:4TB
  • 障害内容:「E13(ハードディスクを交換してください。)」とエラーメッセージが表示される。DISKのランプが赤く点灯している。
  • 結果:ドライブ故障(構造損傷)。再構築による構造部分に損傷がありました。RAID5を再構築し、損傷部分の修正、復旧を試みましたが、損傷が酷く復旧ができませんでした。そのためヘッダの切出しを行い、ファイルを回収しました。
  • 復旧容量:51GB
  • 復旧ファイル数:39,418

アクセス不能

  • 媒体:障害型番:LS-H500GL OS:XFS ドライブ容量総計:500GB
  • 障害内容:USBメモリ自体は認識するが、ファイルの中身が見られなくなった。
  • 結果:1ヵ月前ほどから不調だったが、動作を停止することが出来ず、そのまま使用していたところ障害が発生。工場出荷時の状態になってしまった。
  • 復旧容量:304GB
  • 復旧ファイル数:603,718
  • 復旧率:99%

異常音

  • 媒体:障害型番:LS-H320GL ドライブ容量総計:320GB
  • 障害内容:落雷後停電が起き、電源起動時に障害が発生した。
  • 結果:電気系によるドライブ故障、物理障害。破損した電子部品の交換を行い、データの読み取りに成功しました。損傷部分を修正し、復旧を行いました。
  • 復旧容量:63GB
  • 復旧ファイル数:13,164
  • 復旧率:99%

アクセス不能

  • 媒体:障害型番:LS-CH1.0TL OS:XFS ドライブ容量総計:1000GB
  • 障害内容:リンクステーションの認識はあるものの、ファイルへのアクセスが出来なくなってしまった。
  • 結果:ファイル部分への上書きが行われたことによる論理障害。HDDのデータ読み取りは100%成功しました。損傷部分を修正し、復旧を行いました。
  • 復旧容量:135GB
  • 復旧ファイル数:6,171

エラーメッセージの表示(カーネルの展開に失敗)

  • 媒体:障害型番:LS-320GL OS:XFS ドライブ容量総計:320GB
  • 障害内容:ステータスランプが点滅し、「E04(カーネルの展開に失敗しています) 」、「E16(ハードディスクが接続されていない、または故障の可能性があります)」というエラーメッセージが表示された。
  • 結果:フォーマットコラプトによるドライブ故障。ページの修復を行いHDDのデータ読み取りは99%成功しました。損傷部分を修正し、復旧を行いました。
  • 復旧容量:151GB
  • 復旧ファイル数:598,695
  • 復旧率:99%

エラーメッセージの表示(ネットワークパスが見つからない)

  • 媒体:障害型番:LS-250LG OS:XFS ドライブ容量総計:250GB
  • 障害内容:使用中、急にネットワークが切断され、「ネットワークパスが見つかりません」というエラーメッセージが表示された。
  • 結果:起動部分のリードエラーによるドライブ故障。マウント不能状態だったため、損傷部分を修正し、復旧を行いました。
  • 復旧容量:69GB
  • 復旧ファイル数:28,571

認識不能

  • 媒体:障害型番:HD-QS2.0TSU/R5 4台RAID ドライブ容量総計:2TB
  • 障害内容:リンクステーションの認識ができなくなった。
  • 結果:リードエラー系によるドライブ故障。4台あるHDDのうち、1台の物理故障です。パリティビットより再生し、RAID5の再構築を行いました。損傷部分を修正し、復旧を行いました。
  • 復旧容量:310GB
  • 復旧ファイル数:705,324
  • 復旧率:99%

ファイルの消失

  • 媒体:障害型番:HD-HG400LAN OS:EXT ドライブ容量総計:400GB
  • 障害内容:フォルダ内に入っていたファイルの一部が無くなってしまった。
  • 結果:ファイル内部の構造破壊(構造全損)。現在の構造に問題は無く、Inodeのサイズとエントリーがクリア状態になっていました。ヘッダの切出しを行いファイルを回収しました。
  • 復旧容量:0GB
  • 復旧ファイル数:63

ファイルの誤削除

  • 媒体:障害型番:HD-H300LAN OS:EXT2 ドライブ容量総計:320GB
  • 障害内容:誤ってファイルを全削除してしまった。
  • 結果:削除による構造損傷。削除してしまったファイルの復旧を行いました。現在の構造を消去し、ヘッダの切出しを行いファイルを回収しました。
  • 復旧容量:158GB
  • 復旧ファイル数:189,742

アクセス不能

  • 媒体:障害型番:HDL-XR8.0 4台RAID ドライブ容量総計:8TB
  • 障害内容:リンクステーションの認識はあるものの、ファイルへのアクセスが出来なくなってしまった。
  • 結果:リードエラーによる物理障害、ドライブ故障。HDDのデータ読み取りは、4台中2台が100%、残りの2台は99%成功しました。RAID6の再構築を行いました。損傷部分を修正し、復旧を行いました。
  • 復旧容量:1.4TB
  • 復旧ファイル数:399,603
2017年10月30日

ページトップへ

(c) 2018 ITFOR , Inc. All rights reserved