データ復旧事例

テラステーション

バッファロー社製 ネットワーク対応HDD(NAS) のテラステーション(TeraStation)の復旧事例をご紹介いたします。

認識不能

  • 媒体:障害型番:TS-XH2.0TL/R6 4台RAID ドライブ容量総計:2TB
  • 障害内容:1つ目のHDDに障害が発生し、フォールバックを行っている途中で2つ目のHDDに障害が発生し、テラステーションが認識されなくなってしまった。
  • 結果:ドライブ故障、物理障害(ヘッド不良)。ヘッド交換を行い、イメージ読み取りを実施しました。パリティビットでデータの再生を行い、RAID5を再構築しました。損傷部分を修正し、復旧を行いました。
  • 復旧容量:142GB
  • 復旧ファイル数:461,906

アクセス不能

  • 媒体:障害型番:TS-XE4.0TL/R5 4台RAID ドライブ容量総計:4TB
  • 障害内容:突然、アクセスできなくなった。
  • 結果:上書きによるRAID障害、論理障害。各ドライブの先頭部分に上書きがあったため、RAID5を再構築し、暗号化を解除しました。損傷部分を修正し、復旧を行いました。修復処置を実施。
  • 復旧容量:218GB
  • 復旧ファイル数:220,437

エラー表示による起動不能

  • 媒体:障害型番:TS-XE4.0TL/R5 4台RAID ドライブ容量総計:4TB
  • 障害内容:再構築完了後、停電により動作停止。エラーメッセージ「E02(DRAM ADDRESS LINEが異常)」と「E04(カーネルの展開に失敗しています)」が表示され、サーバーが起動できない。
  • 結果:上書きによるRAID障害。3台目のサーバーが最初に停止し、続いて他のサーバーも停止状態になりました。ハードディスクの先頭100セクタに上書きがあったため、RAID5を再構築しました。損傷部分を修正し、復旧を行いました。
  • 復旧容量:30GB
  • 復旧ファイル数:77,950

エラーメッセージ表示

  • 媒体:障害型番:TS-XE4.0TL/R5 4台RAID ドライブ容量総計:4TB
  • 障害内容:RAIDアレイ認識不能によりマウントできず、メーカーサポートに相談したが4台中2台が故障と診断された。
  • 結果:リードエラーによるドライブ故障、物理障害。HDDの読み取りは4台中3台が100%成功、1台は99%成功しました。RAID5を再構築しました。損傷部分を修正し、復旧を行いました。
  • 復旧容量:205GB
  • 復旧ファイル数:242,744

データの消失

  • 媒体:障害型番:TS-X6.0TL/R5 4台RAID ドライブ容量総計:6TB
  • 障害内容:ファイルのコピー中にエラーが発生し、データが消失してしまった。
  • 結果:ドライブ故障(フォーマットコラプト)、3台目のHDDのコラプトによる物理障害。RAID5を再構築しました。損傷部分を修復したことでファイルの閲覧が可能になりました。
  • 復旧容量:640GB
  • 復旧ファイル数:1,428,302

RAIDの初期化

  • 媒体:障害型番:TS-X2.0TL/R5 OS:XFS 4台RAID ドライブ容量総計:2TB
  • 障害内容:RAID5で使用していたハードディスクをRAID0で初期化してしまった。
  • 結果:リードエラーによるドライブ故障、I/Oデバイスエラーによる物理障害。媒体イメージは99%成功しました。RAID0からRAID5へ再構築しました。損傷部分を修正し、復旧を行いました。
  • 復旧容量:923GB
  • 復旧ファイル数:709,199

起動不能

  • 媒体:障害型番:TS-WX2.0TL/R1 2台RAID ドライブ容量総計:1000GB
  • 障害内容:停電(複数回)後、起動しなくなってしまった。
  • 結果:リードエラーによるドライブ故障、物理障害。HDDイメージの読み取りは1台が100%、もう1台が99%成功しました。元々はRAID1で使用していましたが、初期化状態のRAID0になっていたため、RAID構成をRAID1へ再構築しました。損傷部分を修正し、復旧を行いました。
  • 復旧容量:313GB
  • 復旧ファイル数:77,443

ファイルの誤削除

  • 媒体:障害型番:TS-HTGL/R 4台RAID ドライブ容量総計:2TB
  • 障害内容:データを誤って削除してしまった。
  • 結果:構造損傷。削除してしまったファイルの復旧を行いました。現在の構造を消去し、ヘッダの切出しも行ったことでファイルの閲覧が可能になりました。
  • 復旧容量:97GB
  • 復旧ファイル数:13,434

RAID崩壊

  • 媒体:障害型番:TS-H2.0TGL/R5 4台RAID ドライブ容量総計:2TB
  • 障害内容:落雷による停電でRAIDが崩壊してしまった。
  • 結果:上書きによる構造損傷。再起動時、不具合により起動ファイル部分に書き込みが発生してしまった論理障害。HDDイメージの読み取りは100%成功しました。損傷部分を修正し、復旧を行いました。
  • 復旧容量:755GB
  • 復旧ファイル数:769,083

落下による異音

  • 媒体:障害型番:TS-H1.0TGL/R5 4台RAID ドライブ容量総計:1000GB
  • 障害内容:落下させてしまい、内部から「カタカタ」と異音がして起動しない。
  • 結果:ドライブ故障、ヘッド不良による物理障害。4枚あるディスクのうち、3枚のHeadが暴走。4枚目は100%イメージの読み取りに成功しました。暴走している3枚のディスクを開封するとHeadに傷があったため、物理的処置を施しイメージを読み取りしました。パリティビットでデータの再生を行い、RAIDを再構築しました。損傷部分を修正し、復旧を行いました。
  • 復旧容量:375GB
  • 復旧ファイル数:567,358

アクセス不能

  • 媒体:障害型番:TS-1.0TGL/R5 4台RAID ドライブ容量総計:500GB
  • 障害内容:突然アクセスできなくなってしまった。
  • 結果:リードエラーによるドライブ故障、物理障害。損傷部分を修正し、復旧を行いました。
  • 復旧容量:66GB
  • 復旧ファイル数:111,629

起動不能

  • 媒体:障害型番:TS-0.6TGL/R5 4台RAID ドライブ容量総計:640GB
  • 障害内容:再起動後、アクセスできなくなってしまった。
  • 結果:電気系によるドライブ故障、物理障害。破損した電子部品を交換し、読み取りに成功しました。損傷部分を修正し、復旧を行いました。
  • 復旧容量:182GB
  • 復旧ファイル数:165,683

RAIDの初期化

  • 媒体:障害型番:TS-0.3TGL 4台RAID ドライブ容量総計:320GB
  • 障害内容:誤って初期化をしてしまい、既存データが全て消えてしまった。
  • 結果:削除による構造損傷。削除してしまったファイルの復旧を行いました。Rootアカウントより削除されているため、ヘッダの切出しを行ったことでファイルの閲覧が可能になりました。
  • 復旧容量:84GB
  • 復旧ファイル数:79,538

システムエラー

  • 媒体:障害型番:TS-1.0 TGL/R5 5台RAID ドライブ容量総計:750GB
  • 障害内容:「システムエラー」と表示され、ブザーがなる。
  • 結果:上書きによるファイル構造破壊。HDDイメージの読み取りは100%成功しました。再構築を行った後、損傷部分を修正したことでファイルの閲覧が可能になりました。
  • 復旧容量:52GB
  • 復旧ファイル数:93,109

アクセスランプ点滅

  • 媒体:障害型番:TS-H2.0TGL OS:XFS ドライブ容量総計:500GB
  • 障害内容:アクセスランプが点滅し、テラステーションを認識しない。
  • 結果:リードエラーによるドライブ故障、I/Oデバイスエラーによる物理障害。ハードディスクを開封してヘッド交換を行い、イメージ読み取りを実施しました。読み取りは99%成功しました。損傷部分を修正し、復旧を行いました。
  • 復旧容量:43GB
  • 復旧ファイル数:127,113

ディスクアレイ認識不能

  • 媒体:障害型番:TS-H2.0TGL 4台RAID ドライブ容量総計:2TB
  • 障害内容:ディスクアレイが認識されない。
  • 結果:RAID障害による構造損傷。ハードディスク4台全て読み取りは100%成功しました。RAID5を再構築しました。損傷部分を修復したことでファイルの閲覧が可能になりました。
  • 復旧容量:158GB
  • 復旧ファイル数:651,994
2016年05月31日

ページトップへ

(c) 2018 ITFOR , Inc. All rights reserved