ECサイト一元管理ツール「ITFOReC MS2」

ECサイト 一元管理ツール「ITFOReC MS2」が選ばれる4つの理由

ECサイト一元管理ツール「ITFOReC MS2」は、多くの企業様に導入いただいています。

理由 1: ECサイトを一元管理

   楽天市場やYahoo!ショッピングなどの複数ECモールを一元管理します。

理由 2: すべての作業を自動連携

   商品登録・在庫管理・受注処理を自動連携。基幹システムとの連携もOK。

理由 3: 売り越し防止

   自動在庫按分(あんぶん)機能で、売り越しを防止します。

理由 4: お得な価格体系

   複数ショップを出店しても月額費用は1ショップ分のみとお得です。

複数のECサイトを一元管理。作業時間を大幅削減!

ECサイト 一元管理ツール「ITFOReC MS2」は、楽天市場やYahoo!ショッピングなど複数のEC モールに出店している通販事業者向けに、運用管理に必要な業務を自動連携するツールです。

ここ数年、自社ECサイトを運営する企業が集客拡大のためにECモールへ出店したり、ECモール出店が軌道に乗った時点で自社サイト運営に乗り出す事例が増えています。しかし、複数サイトを運営するためにはサイトごとに「商品登録」「在庫管理」「受注処理」を行う必要があるため、重複作業に多大な手間がかかるという現状があります。また、ECモールは売上が上がれば上がるほど手数料が増大することから、複数出店に伴う経費の拡大が課題となっています。

集客増をねらいながら、同時に省力化を実現するECビジネスの強力なパートナー。それが、「ITFOReC MS2」です。

※「MS2」とは、Multi Shop Management System の略称。頭文字をつなげると「MSMS」となることから、「MS2」と命名しています。

こんな企業様に

  • 複数ECモールに出店する通販事業者
  • ECモールと自社ECサイトを同時運営する通販事業者

ページトップへ

製品の特長

特長 1

商品登録・在庫管理・受注処理を自動連携。基幹システムとの連携もOK。

ECサイト 一元管理ツール「ITFOReC MS2」の対象となるECモールは、Amazon.co.jp、楽天市場、Yahoo!ショッピング、DeNAショッピング(旧ビッダーズ)の4サイト。これら4サイトに自社サイトを加えて、商品登録・在庫管理・受注処理を一元管理することができます。
「商品管理」においては、複数サイトに共通するデータと各サイト固有のデータを本製品で一元管理し、各サイトに必要な情報を一斉に反映させます。「在庫管理」においては、1つのサイトで1個の商品が売れたら、残りサイトの在庫を一斉に変更します。「受注処理」においては、各サイトから入って来る受注情報を集約、在庫引き当て、出荷指示、キャンセル処理などを一元管理します。

当社のECサイト構築パッケージ「ITFOReC」とは標準で連携可能。別のECパッケージをお使いの場合も、オプションとして連携させることができます。さらに、自社の基幹システムや倉庫システム、送り状発行ソフトなどとの連携もOK。基幹システムと連携した場合、基幹システムに登録された商品情報を本製品に取り込むことができるため、一括で全ECサイトへの登録作業が完了します。多くのECサイト 一元管理ツールはカスタマイズの範囲が限られていますが、「ITFOReC MS2」は自社の既存システムと自在に連携することができ、フルカスタマイズが可能です。

複数サイトの商品登録などを自動連携

特長 2

作業時間を40%以上削減!大幅な省力化を実現します。

ECサイト 一元管理ツール「ITFOReC MS2」を用いれば、運営するECサイトが増えれば増えるほど作業に要する時間を大きく削減することができます。当社試算では、3サイトを同時に運営する場合は40%の作業時間を削減、4サイトを運営する場合は46%の作業時間を削減することができます(下記参照)。加えて、手作業での転記が不要となるため、価格の記載ミス、在庫の反映ミスによる売り越し(在庫以上の商品を売ってしまうこと)、受注情報の転記ミスによる誤発送などをなくします。

運営するサイト数に応じた、商品登録に要する時間の比較

作業時間を40%以上削減

特長 3

自動在庫按分(あんぶん)機能で、売り越しを防止。

ECサイト 一元管理ツール「ITFOReC MS2」を用いれば、在庫管理を大幅に効率化することができます。これまで複数サイトを運営する事業者は、商品の在庫数を表示する際、担当者がサイトごとに在庫を割り振って記載していました。そして、商品が売れるごとに手作業で全サイトの在庫数を修正し、あるサイトの在庫数が減ってきたら、他サイトから在庫を移し替える作業が発生していましたが、これらの作業が自動化されます。

「ITFOReC MS2」では在庫管理を一元化して行うため、このような手間は一切発生しません。さらに、本製品では複数サイトの在庫を一元管理する際、売り越しを防ぐ特殊な機能を搭載しています。それが、「自動在庫按分機能」です。
自動在庫按分機能とは、在庫数に余裕がある時とない時とを識別し、各サイトの在庫数表示を自動変更する機能です。例えば通常、在庫数に余裕がある時はすべてのサイトに総在庫数が表示され、1つ商品が売れるごとに在庫数が自動で変更されます。しかし、在庫が減ってしきい値を超えたら、あらかじめ設定しておいたサイト別在庫比率に従って在庫数を自動計算して表示し直します。その後、商品が売れる度に、サイト別在庫比率が保たれるよう計算し直し、その結果をサイトに表示します。
これにより、複数サイトにおいてほぼ同時に商品が売れた際も売り越しを防ぐことができ、クレームを未然に防ぐことができます。

自動在庫按分機能

特長 4

出店サイト数が多いほど、お得な価格体系。

ECサイト 一元管理ツール「ITFOReC MS2」は、同一のECモールに複数ショップを出店しても月額費用は1ショップ分のみ。ブランド別に多くのサイトを運営する事業者ほど、お得な価格体系です。
また、商品数・受注数に応じた費用変動は発生しません(※1)。

※1:一定以上の規模(商品数・受注数・同時利用オペレーター数)を超えた際、サーバー構成の変更が必要となる場合がございます。そうした場合のみ、追加費用が発生します。

出店サイト数が多いほどお得

2017年04月11日

ページトップへ

(c) 2017 ITFOR , Inc. All rights reserved