データセンターソリューション

データセンターの課題は、アイティフォーにお任せください。

自社のITシステムをデータセンターに預ける企業が、年々増加しています。サービスのグローバル化により24時間の対応が必要となり、自社でサーバーを管理しきれなくなっている企業が増えているためです。加えて、セキュリティ対策や災害対策のために、データセンターを利用するケースも目立ちます。というのも、自社で高度なセキュリティ環境を整備したりシステムの冗長化を図るには、コスト面で限界があるからです。 さらに、東日本大震災以降、電力供給が不安定になったことからデータセンターへの移行はいっそう加速。今後、ますますデータセンターは社会インフラとして重要な役割を担っていくことが期待されています。

   

アイティフォーは「データセンター管理」と「サーバーリモート統合管理」という2つの切り口で、データセンター事業者とデータセンターの利用企業に包括的なソリューションを提供しています。

ページトップへ

「データセンター管理」製品概要

ITリソースとファシリティを統合管理し、データセンターの性能を最大化(※1)。
こんな企業様に
  • データセンター事業者
  • 金融機関など、データセンターを自社保有する企業

「データセンター管理」は、データセンターにおいて相互依存するITリソース(ラック、サーバーなど)とファシリティ(電源、空調設備など)を統合管理するしくみです。例えば、ITリソース管理者が新たなIT機器を導入する際、ファシリティ管理者に電源や空調に不足がないかを検討してもらう必要がありますが、「データセンター管理」では両部門の情報共有をシステム化することにより、煩雑でミスが起こりやすい業務を効率化します。 また、データセンター内に設置した環境センサーで温度情報などをリアルタイムでシステム監視することにより、熱だまりや過剰冷却を防止。その結果、データセンターの性能を最大化します。

※1:データセンターの性能を最大化……機器が排出する排熱量と空調のバランスを取ることにより、1台でも多くのサーバーを収納して稼働させる能力のこと。

ページトップへ

「サーバーリモート統合管理」製品概要

サーバーの遠隔操作で、管理者の運用負荷軽減とセキュリティ強化を実現。
こんな企業様に
  • 多拠点にサーバーを持つ企業
  • データセンター事業者

「サーバーリモート統合管理」は、データセンターやサーバールーム内のサーバーを手元のPCで遠隔操作する、Avocent社の運用管理システムです。 企業のシステム管理者はデータセンターにわざわざに赴かなくても運用できるため、データセンターにサーバーを預ける企業や多拠点にサーバーを配置する企業に最適です。また、本製品の導入で「サーバールームの無人化オペレーション」が可能となるため、セキュリティ強化をお考えの企業にもおすすめです。

ページトップへ

「統合型リモートシステム管理基盤」製品概要

1台で全ての機器を統合管理、セキュアな遠隔操作ソリューション基盤を構築。
こんな企業様に
  • クラウドシステム基盤の管理にサービスプロセッサを利用するデータセンター事業者
  • サーバーやネットワーク機器の遠隔操作基盤を統合したいと考えている企業
  • サーバーの温度管理、電力制御など高度な機能を利用したいと考えている企業

「統合型リモートシステム管理基盤」は、データセンターやサーバルーム内に設置されたすべてのサーバーやネットワーク機器を手元のPCで遠隔管理するためのシステム基盤を構築します。管理対象となるデバイスは、物理サーバーとその物理サーバー上で稼働する仮想サーバー、およびルータ・スイッチやストレージなどのシリアル機器です。これらすべてのデバイスを単一のプラットフォームで統合管理可能、管理ソフトウェアによる単一認証基盤の構築と暗号化通信でセキュアなリモートシステム管理基盤を構築できます。

2016年07月08日

ページトップへ

(c) 2017 ITFOR , Inc. All rights reserved