メール

金融機関向けソリューション

SCOPE 個人ローン業務支援システム

個人ローン業務支援システムの概要 

「SCOPE 個人ローン業務支援システム」は、個人ローンの受付から審査、契約実行までをフルサポートするWeb版パッケージです。

SCOPEロゴ

導入効果 拡張性と柔軟性の向上

ペーパーレス化
申込書、付属書類(写真含む)をイメージ管理
全面Web化
銀行、保証会社を「ログインID」で判別
「SCOPE」はマルチユーザー対応
ユーザー対応
ワークフローや審査チェック機能、個人信用情報の集計重複チェックをテーブル変更で対応可能
データ一元管理
当社総合債権管理システムをご利用の場合は、事前受付から実行、延滞、代弁等事故まで履歴管理
この履歴データを自由に抽出できるツールを提供

ペーパーレス化、申込入力の効率化

申込書、付属書類(写真含む)をイメージで管理し、ペーパーレス化を図ります。

営業店業務の効率化(文書作成・契約支援機能)

  • 正式申込書、金銭消費貸借契約書等をシステムで印刷することが可能です。
  • 徴求書類管理(本部、営業店・ローンセンター共通)をシステム上で行い事務処理の軽減を図ります。

審査判定業務の効率化

  • 審査に必要な確認事項を導入時にテーブル設定してアラームを表示し注意先、グレー先を明示。
  • 自動審査(追認保証依頼、保証自動審査)機能、2次保証依頼機能、保証会社振分機能あり。
  • 審査画面は【本部、保証会社、営業店(ローンセンター)】共通画面でログインIDにより表示内容と機能をコントロール。
  • 3機関の照会結果を自動名寄せして返済比率を自動集計。 総借入額や返済比率を表示。

タブレットローン受付機能

タブレットでローン受付を可能とし、申込時点でのペーパーレス化と本部入力負担減による省力化とスピードアップを実現します。複数商品同時申込によるメイン化推進を図ります。
他、諸届け変更受付等相談窓口業務に展開が可能です。

ユーザー対応(柔軟性)

業務フロー変更

審査業務は保証会社の選択や優先順位変更等、業務フローの見直しが行われますが、既に設定している業務フローの順位の変更やスキップはシステム変更をすることなく対応が可能です。

審査チェック機能の変更

審査業務に必要な、(1)申込内容矛盾チェック、(2)商品要綱基準チェック、(3)行内ネガ情報チェック、(4)個人信用情報照会結果チェック等、審査官が審査判断を行うための事前確認作業の項目と閾値をテーブル化して管理しているため、新商品の追加や商品内容の改定がユーザー様で対応可能です。

制度変更への柔軟な対応

利用ユーザーが多い共通課題への対応は標準機能として追加します。

特に金融機関における個人ローン審査に関しては、機能の共通化への取り組みとしてユーザー会を設置し常時取り組みを進めております。

マルチユーザーの管理

このパッケージを1システムご導入いただくと、銀行様の全てのグループ会社で利用可能です。
(保証会社(有担保、無担保)、データ入力会社、担保評価会社等)

このパッケージは、ログインIDにより、職務権限と業務識別を管理しますので、銀行グループにおける各部署や各関連会社の業務内容に沿った画面表示や機能をコントロールします。