メインメニューへ
サブメニューへ
コンテンツへ
製品ページのリンクへ
お問合せ/地図/サイトマップ/英語ページへのリンクへ
ページトップ
お問合せフォームへサイトマップへEnglish site

プレスリリース

プリント用ページ 

2005年7月6日

株式会社アイティフォー

<業界初>不審者、置き去り危険物の自動検知および前後の映像追跡 
 映像解析新技術を駆使した「ナイスビジョン」

〜世界の空港、鉄道、政府機関など重要施設で稼動中、日本で販売開始〜

株式会社アイティフォーは、ダラス空港(米国)、オタワ空港・トロント空港(カナダ)などの大空港、キャンベラ国会議事堂(オーストラリア)や米国の政府中枢機関、米国・オーストラリア・シンガポールなどのカジノ、及びイングランド銀行などの金融機関、軍事基地など、世界各国の主要な重要施設を中心に、テロ対策、セキュリティー監視を目的として数多くの導入実績を誇るデジタルビデオ自動検知システム「ナイスビジョン」を日本国内において本日より販売を開始します。このシステムは1システムで監視カメラ3,500台の接続実績があり、大規模システムに対応しています。不審者が不法に侵入したり、不審者が危険物を置き去りにした時、即時に自動検知し、赤い囲みで際立たせると同時に、アラームを発信しモニター監視者へ注意を促します。また、クリック1つで、不法侵入者や危険物を持った不審人物がモニター画面に登場した時点からの映像を再生および追跡することができます。価格は標準構成で1,500万円から。空港、鉄道、政府、金融機関などを対象に初年度は25セット、5億円の売上を目標とします。

不審者の侵入については、通常、監視者が複数のモニター画面を見ながら監視しますが、人間の目による監視には限界があり、見逃しや他のことに注意を奪われ、そもそも、モニター画面を見ていないという状況が多々想定されます。「ナイスビジョン」を採用することにより、確実に不審者の侵入を発見することができます。モニター画面上で、不法侵入者が赤い囲みで際立たせられ、アラームが発信された場合、監視者はクリック1つで不法侵入者の行動を「侵入のし始め」までさかのぼって動きを見ることができ、更に追跡することができます。また、職員専用スペースへ入室する際、正規の職員がIDカードでドアを開け、IDカードを持たない人物を不法に招き入れても「ナイスビジョン」はその不法侵入者を赤い囲みで際立たせ、アラーム発信します(これを「共連れ検知」と言います)。

置き去り危険物についても、「ナイスビジョン」は威力を発揮します。空港や電車のホームなどに危険物を置き去りにされても、その置き去りの瞬間を見逃すと、危険物は付近の景色に溶け込んでしまい肉眼での発見は困難です。「ナイスビジョン」は、危険物が置き去りにされると、モニター画面上で、危険物を赤い囲みで際立たせると同時に、アラームを発信しますので、監視者はすぐに危険物が置き去りにされたことを知ることができます。更に、さかのぼってどのような人物が置き去りにしたのかを映像で確認でき、更に追跡することができます。

「ナイスビジョン」ではアラーム件数、時間帯などの情報を集計して自動分析することができます。また、少人数での運用が可能なためTCO(Total Cost of Ownership)削減にも貢献します。この他にも、「ナイスビジョン」はビジネスでの売上増やサービス向上にも活用できます。例えば、ショッピングセンターのレジで買い物客が長い列を作りはじめると、赤い囲みと共にアラームが発信されるので、即座にレジへ店員を送り、閉めてあるレジを開いて対応することなどが可能となります。

「ナイスビジョン」では、リアルタイムのビデオ画像追跡・分析技術に、ソフトウエアではなく、専用の画像処理マイクロプロセッサであるDSP(Digital Signal Processor)を使用しているため、画像処理速度が格段に速いことが大きな特長です。

アイティフォーでは、ICカードや指紋を利用した他社には無い画期的な「入退室管理システム」で実績をあげています。更に、情報漏洩対策ソフトとの連携や端末認証システムなどの導入事例も豊富で、今回販売を開始する「ナイスビジョン」を加えて、トータルなセキュリティーソリューションを提供して行きます。

●セミナーのご案内

日時 :7月28日(木)15:00〜17:30    
会場 :東京都千代田区一番町21番地 一番町東急ビル 10階
    (半蔵門駅5番出口を出て右へすぐ)
内容 :『NiceVisionの紹介』

NiceVisionのソリュ−ション・事例紹介、デモンストレーション

お問い合わせ:CTIシステム事業部営業推進部

武智 順(たけち じゅん)
TEL:03-5275-7919

【資料画像・プレスリリースURL】 https://www.itfor.co.jp/ne/index.html

【本件に関する報道機関及び一般お客様からのお問い合わせ先】

株式会社アイティフォー
〒102-0082 東京都千代田区一番町21番地 一番町東急ビル
URL: https://www.itfor.co.jp
CTIシステム事業部営業推進部
前田 規夫(まえだ のりお)
武智 順(たけち じゅん)
TEL:03-5275-7919 FAX:03-5275-7921

【株式会社アイティフォーの概要】

会社名:株式会社アイティフォー(ITFOR)
代表者:代表取締役社長 須賀井 孝夫
本社所在地:〒102-0082 東京都千代田区一番町21 一番町東急ビル
創業:1972年12月2日
事業内容:お客様の最適なIT(情報技術)化を支援する先端企業です。2005年4月に東証第二部(証券コード 4743)に上場しました。最新の通信システムや情報システムを活用したソリューションシステム、ネットワークシステム、カスタマーサービスの各事業を行なっています。主な事業内容はネットワーク セキュリティ ビジネス、eコマースビジネス、CTIビジネス、CRMソリューション ビジネス、アウトソーシング ビジネスを、コンサルティングからシステム構築/運用管理に至るトータル ソリューション サービスを展開しています。https://www.itfor.co.jp/company/itfor.html

プレスルーム
ページの頭へ戻る  
  お問合せ   地図   サイトマップ   ENGLISH
サイト内検索    
(c) 2020 ITFOR , Inc. All rights reserved.
IE6,FireFox3.0以上でご覧ください