メインメニューへ
サブメニューへ
コンテンツへ
製品ページのリンクへ
お問合せ/地図/サイトマップ/英語ページへのリンクへ
ページトップ
お問合せフォームへサイトマップへEnglish site

プレスリリース

  
2008年11月20日
株式会社アイティフォー

店舗情報サイト統合管理システム「スナクルMSS」新発売
〜 株式会社ダイエー様の「店舗情報サイト」に採用 〜

アイティフォーは多店舗展開する小売業を対象に複数店舗の情報を一括更新したり、店舗がお買い得情報を個別に発信できる店舗情報サイト統合管理システム「スナクルMSS(Snacle MSS)」を本日より販売開始します。数百、数千という多店舗にも対応し、PCからも携帯電話からも閲覧できる店舗情報サイトを手軽に構築することができます。本製品はアイティフォーのグループ会社である株式会社スナッピー・コミュニケーションズが開発したパッケージソフトウェアです(注1)。価格は一式500万円から。チェーンストアや専門店などへ今後1年間で15セットの販売を目指します。

スナクルMSSは店舗のサイト情報をデータベース化することで複数店舗の情報を一括更新することができるため、1店舗ずつ個別に更新する作業が不要となります。パソコンサイトと携帯サイトの情報を同時に更新できることなどにより、更新に要するコストと時間を従来の1/10以下に削減できます。本部による更新に加え、権限を付与された各店舗のスタッフがメニュー形式で手軽に自店の情報を更新できるため、本部による画一的な情報発信だけではなく、地域の消費者に密着した情報をタイムリーに発信することが可能です。店舗ごとにパートやアルバイトなどの求人情報、専門店(テナント)案内、フロアガイドなどを更新したり、専用のお問合せフォームで問合せを受けたりすることができます。ブログ作成機能により店舗スタッフがお客様へ向けてお買い得情報などを発信することも可能です。

スナクルMSSは単に各店舗が情報を更新できるだけではなく、「本部」「店長」「店舗スタッフ」の3者に権限を振り分けることで役割分担と情報管理を行なえることが特長です。例えば、本部は基本的な店舗情報やキャンペーン情報の一括更新、ブログ記事の事前検閲や承認など。店長は求人情報や専門店案内の更新など。店舗スタッフはブログ記事の作成など―です。スナクルMSSにはこのほかにも、トップページからの「店舗検索」、「専門店検索」、各店舗サイトへのアクセス数を項目別にランキング表示できる「アクセスランキング機能」、各店独自の「クーポン券表示機能」などを標準で搭載しています。

今回の販売開始に先立ち、第一号ユーザーとして、株式会社ダイエー様(本社:東京都江東区、代表取締役社長 西見 徹)にスナクルMSSをご採用いただき、全国208店舗の「ダイエー店舗情報」PCサイト(http://shop.daiei.co.jp)を刷新し、携帯サイト(http://m.daiei.co.jp)を新設しました。両サイトは今年8月から運用を開始し、順調稼動しています。

(注1)スナクルMSS:MSSはMulti Store Siteの略。株式会社スナッピー・コミュニケーションズ(東京都千代田区、小林四一社長)が開発したCMS(コンテンツマネジメントシステム)。CMSとは画像、テキスト、レイアウト情報などWebコンテンツを制作する際に必要な情報を一元的に管理・保存してサイトを編集するソフトウェアのこと。同社はスナクルMSSの前身である「スナクル」をすでに5社へ納入している。

【お問い合わせ先】

広報部 TEL:03-5275-7914 E-mail:
eコマースシステム事業部 野口、長谷川 TEL: 03-5275-7910

【株式会社アイティフォーの概要】

代表者:代表取締役社長 須賀井 孝夫
本社所在地:〒102-0082 東京都千代田区一番町21番地 一番町東急ビル
東証第一部(4743) 創業:1972年12月2日
事業内容:システムインテグレーター(システム構築)
URL:https://www.itfor.co.jp/
電話:03-5275-7841(代表)
年商:117億9,500万円(2008年3月期 連結)

プレスルーム
ページの頭へ戻る  
  お問合せ   地図   サイトマップ   ENGLISH
サイト内検索    
(c) 2019 ITFOR , Inc. All rights reserved.
IE6,FireFox3.0以上でご覧ください