プレスリリース

  
2012年08月24日
株式会社アイティフォー

[新製品] グリーンIT化、データセンター管理ソリューション新発売
〜作業期間を半分以下へ削減、消費電力を増やさずデータセンターの性能を最大化〜

 アイティフォーはデータセンターにおいて相互依存するITリソース(ラック、サーバーなど)とファシリティ(電源、空調設備など)をリアルタイムで統合管理する「データセンター管理ソリューション」を本日より販売開始します(注1)。本製品は欧米で急速に普及が進んでいるDCIM(注2)ソリューションです。日本では新しい市場としてその拡大が予想されています。例えばITリソース管理者が新たなIT機器を導入する際、電源や空調に不足がないかをファシリティ管理者へ検討してもらう必要がありますが、それに要する作業期間を従来の半分以下へ削減すると共にデータセンターの温度分布をシステム監視することにより「データセンターの性能を最大化」(後述)します。価格はアプリケーションのライセンス価格が30ラック相当(サーバー約600台)で税込み560万円から(注3)。データセンター事業者をターゲットに今後1年間で4億円の販売を目標とします。

作図と管理をシステム化、作業期間を従来の半分以下へ削減

 多くのデータセンターで発生するIT機器の増設や移動。ITリソース管理者が勝手に増設・移動を行うとすぐに電源などの容量不足に陥ります。電力や空調の観点からそれらをデータセンター内のどこへ配置するのが最適か?――。通常、増設・移動時にはファシリティ管理者へ相談し、対荷重量、電源容量、空調能力などを検討してもらう必要がありますが、本製品ではそれらの機器情報がひも付けられたイラスト(注4)をドラッグアンドドロップするだけで簡単にラック構成図、フロア図などを作成できます。(1)図をファシリティ管理者とその場でシミュレーションし、(2)構成変更に必要なタスクをリスト化、スキルを持った担当者へ自動割り当て、(3)ワークフロー形式で進捗管理――などで、従来数日を要したシミュレーションを即日に、一連の作業期間も半分以下へ削減します。

グリーンIT化への対応、データセンターの性能を最大化

 今年4月から実施されている企業向け電気料金の大幅値上げを受け、データセンター事業者では電力の効率的な利用が最大のテーマとなっています。本製品ではデータセンター内の随所に環境センサーを設置し、高温箇所や冷やしすぎ箇所などの温度分布状態を「見える化」することで空調を臨機応変に調整可能とし、データセンター全体の冷やしすぎを防ぎます。結果、エネルギーを最大活用が可能となり「データセンターの性能を最大化」します。この性能とは、「機器が排出する排熱量と空調のバランスを取る」ことで電源や空調設備などへ追加投資せず、消費電力も増やさずに1台でも多くのサーバーを収納して稼働させる能力のことと当社では定義しています。また、空調などファシリティの使用状況を正確に把握することによりグリーンIT化への対応も容易となります。

電力システムや空調システムを見える化し、リスクを最小化

 来春、電力や空調システムを「見える化」するオプションを発売予定です。電力は、電力会社から供給される電力がラックの機器に接続されるまでの結線図と利用中の系統状況を、空調は、その処理能力、使用率、稼働状況を図表で表示し、万一の際には迅速に切り分け、リスク最小化を実現します。

(注1)本製品は米エマソン社の「Trellis(トレリス)」と株式会社エニイワイヤの環境センサーネットワークを組み合わせたソリューションです。

(注2)Data Center Infrastructure Management(データセンターインフラ基盤管理)

(注3)環境センサーなどのハードウェアは別途見積もりとなります。

(注4)本製品のデータベースには主要な機器情報が登録済みです。データベースにない機器はインターネット経由で簡単な申請を行うことによりデータベースへ反映されます。

DCIM概念図
DCIM概念図

【お問い合わせ先】
広報部 TEL:03-5275-7914 E-mail:

【株式会社アイティフォーの概要】
代表者:代表取締役社長 東川 清
本社所在地:〒102-0082 東京都千代田区一番町21番地 一番町東急ビル
事業内容:システムインテグレーター(システム構築)
東証第一部(4743)
電話:03-5275-7841(代表)
URL:https://www.itfor.co.jp/

プレスリリースの文章や画像データはご自由にお使いください。

ページトップへ

(c) 2019 ITFOR , Inc. All rights reserved