メール

プレスリリース

大同火災海上保険様がSMS送信サービス稼働、月間132時間相当の業務を削減

2017年12月20日
株式会社アイティフォー

沖縄の損害保険会社・大同火災海上保険様がSMS送信サービス「e-SMS」稼働開始
〜7拠点約100名で月間132時間相当の業務削減効果を見込む〜

株式会社アイティフォー(東京都千代田区、代表取締役社長:東川 清)は沖縄の損害保険会社である大同火災海上保険株式会社様(沖縄県那覇市、取締役社長:上間 優)からSMS送信サービス「e-SMS(イー・エスエムエス)」を受注、11月1日より本格稼働したことを本日発表します(注1)。e-SMSはメールアドレスがわからなくても携帯電話番号がわかればメッセージを送信できるシステムです。同社では交通事故や物損事故などにあわれた契約者や被害者、さらには被保険者、代理店、工場、医療機関などに対する連絡手段として電話を利用してきましたが、近年の共働き家庭の増加などにより電話がなかなかつながらず、本人へコンタクトできるまでに多くの時間を要することが課題となっていました。このような課題を解決する手段としてe-SMSの採用を決定、新たな連絡手段によりお客様サービスを向上すると共に月間132時間相当の業務削減効果を見込みます。

7拠点100名超の社員が簡単な操作でSMS送信

社内ネットワークに接続されたPCブラウザから、同社7拠点100名超の社員が送信ニーズに応じて操作者のスキルに依存することなく簡単な操作でSMS送信を行うことができます。一般的なSMS送信サービスは「顧客データを携帯キャリアへ渡してSMS送信を実行」しますが、e-SMSは「自社内に構築したSMSサーバーおよびSMSゲートウェイを利用してSMSを送信する仕組み」となっているため、顧客データが外部に出ることがなく、セキュアな環境で送信することが可能です。

月間132時間相当の業務削減効果

同社の損害サービス業務では、お客様および代理店からの事故報告を受付ける業務がサービスの始点となります。e-SMSの導入後は、代理店への事故受付の報告、事故にあわれたお客様(契約者・相手方)のうち、お電話で連絡がとれなかったお客様へのご伝言を行うことで連絡効率が向上しました。また、SMSを活用することにより確実な情報伝達を実現、再連絡に要する時間を削減でき、結果7拠点約100名で月間132時間相当の業務削減効果を見込みます。

個人情報保護を高度に実現するセキュアな仕組みで特許を取得

e-SMSは前述のとおり、自社環境からの送信となるため顧客データが外部に出ることがありません。この個人情報保護を高度に実現するセキュアな仕組みが認められ、e-SMSは平成29年(2017年)9月8日に特許を取得しています(特許番号:第6202877号)。

(注1)
受注金額は非公開ですが、e-SMSの定価は税別で一式250万円からです。
 
 
関連製品
株式会社アイティフォーの概要

代表者:代表取締役社長 東川 清
本社所在地:〒102-0082 東京都千代田区一番町21番地 一番町東急ビル
事業内容:システムインテグレーター(システム構築)
東証第一部(4743)
電話:03-5275-7841(代表)
URL:http://www.itfor.co.jp/

報道機関からのお問い合わせ先

広報部 TEL:03-5275-7914 E-mail:

プレスリリースの文章や画像データはご自由にお使いください。
pageBottomJSarea