メール

プレスリリース

鹿児島市様で、SMSを活用した納税お知らせセンター運用業務委託を開始

2019年11月21日
株式会社アイティフォー

鹿児島市様で、アイティフォーが納税お知らせセンター運用業務委託を開始
〜新たにSMSを活用した納付勧奨で接触率・収入率の向上を図る〜

株式会社アイティフォー(東京都千代田区、代表取締役社長 佐藤 恒徳)は、当社の「BPO(民間委託)サービス」として、鹿児島県鹿児島市(森 博幸 市長)様にて納税お知らせセンター運用業務委託を開始したことを本日発表します。当委託業務は2024年9月末までの5年契約となります。

当業務委託の目的と対象

当業務は、市の債権滞納者に対して早期の納付勧奨などを実施することで、自主納付の促進および滞納発生の防止を図るとともに、収入率の向上および滞納額の縮減が目的です。市県民税・固定資産税・軽自動車税などのほか、国民健康保険税や介護保険料・後期高齢者医療保険料、さらには学校給食費や奨学資金貸付金返還金など、納付勧奨の対象は多岐にわたります。

業務委託の概要

同業務では、当社のSMS送信システムを導入。従来の架電による滞納者への納付勧奨だけでなく、新たにSMS(ショートメッセージサービス)によるアプローチを開始することで、さらなる接触率向上と収入率向上を図ります。
 また当業務には納付勧奨以外のさまざまな補助業務があり、職員様はその業務に時間が取られ本来の業務に時間を費やすことが困難な状況でした。しかしながら今回の業務委託では、相続人調査用の相関説明図の作成や催告書などの発送準備業務といった補助業務を当社が受託することで、市職員様は徴収・滞納整理業務に専念できることが可能になり、収入率の向上が期待できます。

今後について

今回の受注にあたっては、当社の収入率向上へのこれまでの取り組みや、政令指定都市・中核市といった他自治体での「BPOサービス」の実績を評価いただいたものと考えています。当社では引き続き自治体様に向けた滞納管理ソリューションをご提供し、実績やノウハウを蓄積していくことで、収入率向上や業務効率化といった働き方改革のご支援を行ってまいります。


 ※SMS送信システムとは
 「SMS送信システム」とは、携帯電話のショートメールサービスを活用した公共機関向けのパッケージシステムです。メールアドレスがわからなくても携帯電話番号さえわかればテキストのメッセージ送信が可能です。オンプレミスでご提供するため庁舎内から外部に顧客情報がでることがなくセキュリティー上も安心いただけます。


 【関連URL】
  ・鹿児島市様のホームページ
   https://www.city.kagoshima.lg.jp
 

関連製品
株式会社アイティフォーの概要

代表者:代表取締役社長 佐藤 恒徳
本社所在地:〒102-0082 東京都千代田区一番町21番地 一番町東急ビル
事業内容:システムインテグレーター(システム構築)
東証第一部(4743)
電話:03-5275-7841(代表)
URL:https://www.itfor.co.jp/

報道機関からのお問い合わせ先

広報部 TEL:03-5275-7914 E-mail:

プレスリリースの文章や画像データはご自由にお使いください。