メール

プレスリリース

阿波銀行様が住宅ローン業務強化に当社パッケージシステムを採用

2019年12月2日
株式会社アイティフォー

阿波銀行様が住宅ローン業務強化に当社パッケージシステムを採用
〜個人ローン業務支援システム「SCOPE」と「ローン申込Web受付システム」導入〜

株式会社アイティフォー(東京都千代田区、代表取締役社長 佐藤 恒徳)は、株式会社阿波銀行(徳島県徳島市、代表取締役頭取 長岡 奨)様が、個人ローンへの取り組み強化の一環として当社の個人ローン業務支援システム「SCOPE(スコープ)」と、それに連携する「ローン申込Web受付システム」を導入することを本日発表します。「SCOPE」は既に2019年5月に稼働しておりますが、「ローン申込Web受付システム」は2020年3月に本番稼働の予定です。同行はこれにより個人ローン審査業務の効率化のほか、ペーパレスの推進、利便性向上による顧客層の拡大を図ります。

背景

地域金融機関では個人向けローン、中でも住宅ローンにおいて競争が激化しており、個人ローン業務のBPR(注1) 推進による業務改善と顧客層拡大が求められていました。そこで阿波銀行様では他行でも既に多数の実績を持つ当社のパッケージシステムを採用することで、より迅速かつ低価格でシステムの刷新を図ることを決定されました。

導入の概要と期待される効果

個人ローン業務支援システム「SCOPE」は、個人ローン申込みを受付後、個人信用情報機関への照会、照会結果の名寄せや集計、融資条件への適合性や過去の取引状況のチェックなどを自動化します。手作業が削減され、大幅に審査業務の効率化が図れます。
 「ローン申込Web受付システム」は、個人顧客がパソコン・スマホなどからWeb経由で住宅ローンの事前申込を可能にするシステムです。来店が不要でいつでもどこからでも申込みが可能なことから顧客の利便性が向上するほか、ペーパレス化も推進できます。

阿波銀行様では今回、この2つのシステムを連携し申込データの自動連携を実現します。Web受付システムで受け付けた申込内容を個人ローン業務支援システムに手入力する手間と時間が削減でき、業務効率化が図れます。また効率化により審査業務にかかる時間が短縮され、従来よりも早く審査結果を顧客に回答することが可能になり顧客サービスにつながります。
 なお同システムは、当社のパッケージクラウド「IPaC(アイパック)」(注2) 上で稼働します。

今後について

当社では、引き続き地域金融機関様を中心に、個人ローン業務はじめとした審査・推進ソリューションを強化していくことで、各社のBPR推進をご支援してまいります。
 

(注1)
BPRとは、Business Process Re-engineeringの略です。
(注2)
IPaCはITFOR Package Cloudの略です。パッケージ導入からネットワーク構築、運用までをワンストップでご利用いただけるほか、サーバーリソース容量を自由に選択可能。「ISMSクラウドセキュリティ認証」を取得しているため、安心安全にご利用いただけます。
関連製品
株式会社アイティフォーの概要

代表者:代表取締役社長 佐藤 恒徳
本社所在地:〒102-0082 東京都千代田区一番町21番地 一番町東急ビル
事業内容:システムインテグレーター(システム構築)
東証第一部(4743)
電話:03-5275-7841(代表)
URL:https://www.itfor.co.jp/

報道機関からのお問い合わせ先

広報部 TEL:03-5275-7914 E-mail:

プレスリリースの文章や画像データはご自由にお使いください。