メール

お知らせ

2020年 社長年頭のご挨拶

2020年1月6日
株式会社アイティフォー

2020年 社長年頭のご挨拶

皆様、あけましておめでとうございます。

2020年の年頭にあたり、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
 旧年中は格別のお引立てを賜り厚く御礼申し上げます。

2019年は、平成から令和へと新元号となり、また消費税率の引き上げやそれに伴う軽減税率の導入など、アイティフォーにとっては追い風となる一年でした。2020 年3月期第2 四半期には連結業績予想を上方修正し、売上・利益ともに過去最高となりました。

2020年は、2018年から進めている中期経営計画「Challenge to 2020」の最終年度を迎える重要な年となります。キーワードは「輪の拡大」。人、グループ会社、お客様企業、社会さらにはシステムや技術・データなどあらゆる物とのつながりを“輪”として捉えビジネスをより一層拡大していきます。それと同時に、土台・根幹となる“車輪”を強固にし、次期経営計画に向けてスムーズに前進させます。

近年働き方改革や人手不足が企業の大きな課題となっています。アイティフォーは金融・自治体・流通などあらゆる業種の企業に対し業務効率化や生産性向上を実現するシステムをご提供し、蓄積されたノウハウがあります。わたしたちはそれらをつなぎ合わせて、単なるシステム提供に留まらないお客様企業の先にあるエンドユーザーを見据えた“BtoBtoC”ソリューションをご提供しています。システムのパッケージ化推進をさらに強化し、品質向上とスピードアップを図ります。さらには他社製品を含めた新技術との連携や人材確保にも力を入れていきます。わたしたちは「輪の拡大」により、お客様企業の変革をご支援するとともに当社の価値を高めていきます。

また2月15日にはJASDAQ市場への上場から20周年を、8月には千代田情報機器株式会社から「株式会社アイティフォー」に商号変更してから20周年を迎える節目の年でもあります。

アイティフォーは、この節目を迎えられることに対し皆様に感謝しながら、人とのつながり、お客様とのつながりをより大切にし、中期経営計画の達成を目指すと共に2年後に迎える創業50周年に向けて着実に歩んでまいります。

本年も引き続きご愛顧のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

株式会社アイティフォー
 代表取締役社長 執行役員
 佐藤 恒徳