ニューノーマル時代のDXに取り組むコンタクトセンターとは

〜AI活用で顧客インサイト(VOC)を分析〜

メール

本セミナーは終了いたしました。

お客様各位

 いまコンタクトンターは、コロナ後も「在宅」体制を整えてく傾向にあり、これまでのシステム運用や体制を見直しています。これに伴い、近年の課題であります「DX(デジタトランスフォーメーション)」の取り組みを加速させています。

 今回のセミナーでは、DXの実践において有効な手段となる「データ分析」にスポットを当て、「お客様を知る」ことの重要性を提唱し、コンタクトセンターの運営の在り方をご提案します。

 基調講演には、コンタクトセンター業務のコンサルティングを専門とし、業界セミナーに数多く登壇されるイースマイル社の齋藤勝代表をゲストにお招きして、“攻めのセンター運営によりCXを実現していく”取り組みを解説いただきます。
 続くソリューションセミナーは、AIによる自然言語処理技術を持つレトリバ社とアイティフォーとの共催にて行います。顧客会話分析について、レトリバ社がテキストデータ主体、アイティフォーが音声データ主体と、それぞれ異なるアプローチによる事例をご紹介しながら、「顧客を知る」ことの効果を解説いたします。

 皆様が抱えていらっしゃる課題の解決に、ぜひお役⽴てください
 

本セミナーの関連製品
日時
2020年9月3日(木)
14時00分〜15時15分

会場
  • Zoomビデオウェビナーを利用したオンライン開催
内容
 
14:00〜14:20
『データ分析に基づいたプロアクティブコンタクト』
  〜受身のコンタクトセンター運営から仮説検証型の攻めのセンター運営への脱却〜
イースマイル株式会社 取締役代表&CEO 齋藤 勝 氏
様々な情報連携、顧客分析により、顧客との信頼関係を醸成してCXを実現することの重要性を解説します。
14:20〜14:40
『眠ったままの音声「資産」を活用してwithコロナ時代を生き抜く!』
株式会社アイティフォー CTIシステム事業部 営業二部 高橋博晃
コロナの影響も有りお客様の要望は大きく変化しています。一方企業ではCRMデータの分析は行っていても音声の分析は進んでいません。その活用方法についてご説明します。
14:40〜15:00
『AIで加速させるDX〜今から始められるVoC分析〜』
株式会社レトリバ 製品企画部 プロジェクトマネージャー 山川 訓司
今までVoC分析を進めるには分析リテラシーを持った人材が必要でしたが、AI技術の発達によりハードルが下がってきています。
弊社の事例と共に、どのようにVoC分析を始めれば良いかご紹介します。
15:00〜15:15
質疑応答
参加費
無料
主催
株式会社アイティフォー
共催
株式会社レトリバ
お問い合わせ先
CTIシステム事業部
TEL:03-5275-7919    FAX:03-5275-7921
Mail:seminar@itfor.co.jp
関連情報
お申し込み〆切日
お申し込みは締め切りました。
お断り
  • お申し込みについて
  • 参加料 無料
  • 定員  100名様まで
  • ※本セミナーは事前申し込み制です。
  • ※同業他社様など一部の企業様からのお申込は、当社の判断によりお断りさせていただく場合がございます。 予め、ご了承ください。