ニュースリリース

スタートアップBPOがNICE社製CXoneを採用、最先端のクラウドCXプラットフォームでビジネス拡大を実現

株式会社アイティフォー

株式会社アイティフォー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:佐藤 恒徳)は、テレマーケティングとビジネスコンサルティングに特化し、急成長を遂げている日本のBPO企業である ゲートファーム株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:北脇 正浩)様が、急速に拡大する従業員のニーズに対応するために、当社が提供するクラウド型オムニチャネル CXプラットフォーム「CXone」を採用したことを発表しました。CXoneはNICE社(Nasdaq:NICE)の製品で、あらゆる場所で働くゲートファーム様の従業員のためのスマートで完全なCXプラットフォームです。これにより、ゲートファーム様は国内各地よりリモートで勤務する従業員のニーズに対応することができます。

ゲートファーム様は、必要なツール、リソース、チャネルを一元的に提供し業界をリードするCXoneプラットフォームを利用し、従業員の能力の拡大を図ります。CXoneは、スマートなセルフサービスとAIを活用した自動化を提供するだけでなく、複数アプリケーションを使用する際も、複数のウィンドウを開くことなく、1つのウィンドウから操作できるなど、優れたUIにより、従業員がよりお客様対応をスムーズに行える環境を整えます。リモート勤務で起こりがちな、燃え尽き症候群を克服し、パフォーマンスを向上させることができます。

ゲートファーム様は、従業員がどこにいても、顧客との対話から実用的な洞察を得ることができるように、将来的にNICE社のInteractions Analytics(2023年夏リリース予定)の導入を検討しています。これにより、ゲートファーム様は、音声、テキスト、デジタルのどのチャネルでの会話であっても、トレンドと課題を100%特定することができるようになります。これらのインサイトは、ゲートファーム様のエージェントを指導し、全体的なCXとパフォーマンスの改善を推進するために使用されます。

ゲートファーム株式会社 代表取締役社長 北脇 正浩氏は、「CXoneは、Interaction Analyticsをはじめとする多機能を提供するクラウドプラットフォームとして、当社のビジネスが求めていたものです。私どものビジネスが成長するにつれ、ビジネスをスケールアップするために必須のプラットフォームです。CXoneが提供する柔軟性は、成長する弊社に最適だと感じています。企業に求められるのは、レポートだけでなく分析だと思うので、パフォーマンスのばらつきに対処するためのInteractions Analyticsの機能に期待しています」

(注1)
本リリースに記載されている会社名、屋号および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

関連製品

株式会社アイティフォーの概要

代表者:代表取締役社長 佐藤 恒徳
本社所在地:〒102-0082 東京都千代田区一番町21番地 一番町東急ビル
事業内容:システムインテグレーター(システム構築)
上場区分:東証プライム市場(4743)
電話:03-5275-7841(代表)
URL:https://www.itfor.co.jp/

【報道機関からのお問い合わせ先】

株式会社アイティフォー 広報部

  • TEL:
    03-5275-7914
  • E-mail:
    kouhou_ml@itfor.co.jp

ニュースリリースの文章や画像データはご自由にお使いください。

資料請求・お問い合わせは下記よりお気軽にどうぞ。

資料請求・お問い合わせ