メール

システムエンジニアの仕事 about System Engineers
「いいものを作ってくれてよかった、
ありがとう」そんなお客様の声が
励みになっています。
ソフトウェア開発部門 システムエンジニア

システムエンジニア(SE)はこんな仕事です

プロジェクトメンバーや営業とコミュニケーションを取りながら、お客様のニーズを満たすシステムの提案・設計・開発を行います。お客様先へ訪問する機会も多く、自身が関わったシステムが役立っていることをお客様から直接うかがうことができる、やりがいのあるエンジニア職です。業界での評価は技術の高さの裏付け。案件は90%以上が一次請けのため早い段階から上流工程に携われます。

印象に残っている案件は

私は、主に銀行のコンタクトセンターに導入されているコールシステムを担当しています。打ち合わせをするのは先方のご担当者様ですが、実際にシステムを利用するのはもちろんコンタクトセンターのスタッフの方々。先日納品したシステムもどんな方でも使いやすいようにすることを意識して開発し、導入後は現地へご説明に伺いました。
スタッフは40〜50代の女性が多く、パソコン操作に明るくない方も多かったため最初はご説明が伝わらず苦労しましたが、私なりに言葉を尽くしご説明差し上げた結果「よくわかったわ、ありがとう」感謝の言葉をいただくことができました。自分が作ったシステムを実際に利用する方々の声を聞けるのはこの仕事ならではのやりがいですね。

システムエンジニアの1日

08:45
出社、ミーティング

出社し朝礼前にメールをチェック。その後10:00から曜日固定で定例のミーティングに参加。メンバーごとにプロジェクト進捗などを共有したり、業務上のちょっとした悩みをリーダーに相談したりしています。

11:00
テスト計画書

先日いったん完成したシステムのテストのために、計画書を作成。こういうことは段取りが大切です。

12:00
ランチタイム

本社近くの安くて美味しいお店で手作りのお弁当を買って自席でランチ。もちろん外に食べに行くこともたくさんありますよ。ビジネス街ですが意外といろいろなお店があります。

13:00
要件定義書を作成

担当顧客のシステム更新のための要件定義書を作成。これから作るシステムの設計図みたいなもので、とても重要なものです。先輩や上司にアドバイスをもらいながら、お客様が抱える業務上の課題を解消できる且つわかりやすいシステムを目指します。

16:00
顧客訪問のため新幹線で宇都宮へ

新たに導入するシステムのご説明のために栃木県のお客様先を訪問。上司と一緒に新幹線で宇都宮に!

19:00
お仕事完了!餃子の街を堪能

仕事は順調に完了。せっかく宇都宮に来たので(上司のおごりで)名物の餃子を食べにいき、そのまま直帰することに。お疲れ様でした!

当社のSEはこんな人に向いていると思います

まずは人と話すことが好きな人、だと思います。エンジニア職というと黙々と開発をしているイメージがあるかもしれませんが、私たちはSE。お客様先に伺うこともありますし、エンドユーザーとお話ししてみて気づくこともたくさんありますから。あとは真面目な人。私はアイティフォーの事業や雰囲気など真面目なところにひかれて入社を決めたので、自由でフランクな社風!みたいな企業よりも少しカチっとした真面目な雰囲気が好きな人は、入社してからのアンマッチもなく働きやすいと思いますよ。