メール

システムエンジニアの仕事 about System Engineers
多くの人が触れるシステムに、
上流工程から携われる。
そのスケールの大きさが魅力です。
ソフトウェア第三事業部 システム開発一部
システムエンジニア 相川 雄矢(2018年新卒入社)

システムエンジニア(SE)はこんな仕事です

お客様のニーズに合わせて、実際にシステムの設計や開発を行うのがSEの仕事です。私は化粧品会社のECサイトを中心に、ローン受付システムや入金確認システムなど様々な案件を担当しており、設計から開発・製造・テスト・リリースまで幅広い工程に携わっています。多くの人が触れるシステムに、上流工程から深く携われるというのは、SEにとって大きなやりがいの1つです。

印象に残っている案件は

少し前に、ECサイトのスマホアプリ開発に携わる機会がありました。基本的にスマホアプリは別の専門部署が開発を担っており、システム開発部の私が携われる機会はあまりないので、とても貴重な経験になりましたし、「JavaScript」などのプログラミング言語を習得するきっかけにもなりました。
もちろん、新たな言語を習得するのは決して簡単なことではありませんが、1つ増えるだけでも仕事の幅がグッと広がるので、これからも積極的に習得していきたいですね。様々な案件に携わって、SEとしての自分の市場価値をさらに高めていくことが目標です。

システムエンジニアの1日

09:00
出社、タスクの確認・整理

出社したらまずはメールを確認。その後、今日やるべきタスクを確認・整理し、午前中いっぱいは業務課題の対応を行います。

12:00
ランチタイム

いつものように、同期と一緒に会社の近くにある中華のお店へ。このあたりは、美味しい中華のお店がたくさんあるので飽きないですよ。

13:00
打ち合わせと事前準備

14:00からのお客様との打ち合わせに万全の状態で臨むため、資料や課題の解決状況をあらかじめ整理しておきます。打ち合わせは1日に1〜2回程。最近はリモートでの開催が多いです。

15:00
議事録作成

打ち合わせの内容を議事録としてまとめます。主に若手のエンジニアが担当しており、打ち合わせでわからなかったことなどを復習する良い機会になっています。

16:30
業務課題の対応

朝にスケジュールとして組んだ業務課題の対応に加え、打ち合わせの中で新たに発生した業務課題の対応などをしていきます。

19:00
少し残業して退社

新規の案件があった場合などは、進んで残業しています。遅くまで残ることはありませんが、残業代がしっかり全額支給されるので、個人的には大歓迎です (笑)

当社のSEはこんな人に向いていると思います

日々技術は進化していますし、当社も新しいパッケージがどんどん開発されているので、新しいことへの挑戦心や好奇心に溢れている人に向いている仕事だと思います。私も、今持っているプログラミング言語やスキルだけに満足せずに、さらに様々な言語やスキルを身に付けて、SEとしての市場価値を高めていきたいと思っています。同じような志向の方であれば、アイティフォーはきっと満足できる環境ですよ。