job ITFORの
仕事
interview
05

文系出身でも安心できる充実の研修制度で
万全なスタートダッシュを切り、日々成長中。

竹内 友恵・江波 美侑のメインビジュアル

MIU ENAMI

ソフトウェア第一事業部 システム二部
システムエンジニア 2020年新卒入社
江波 美侑
profile
心理学科卒。大学時代のファストフード店でのアルバイトで、業務効率化をITの力で進められないかと考え、IT業界に興味を持つ。文系出身の社員が多く活躍するITFORに入社。債権管理システムの開発メンバーとして設計や開発に携わる。

TOMOE TAKEUCHI

ソフトウェア第三事業部 システム一部
システムエンジニア 2020年新卒入社
竹内 友恵
profile
経済学部卒。大学時代に観賞魚販売店でアルバイトしたことから、専門知識を生かした仕事に就きたいと思い、IT業界に着目。研修が充実しているITFORに入社する。ECサイトパッケージの導入と保守を担当するSEとして活躍する。

6ヵ月間の研修で身につけた
知識を生かし、
システム開発に取り組む

竹内:SEとして、ECサイトの構築パッケージの新規導入や保守を担当しています。既存ユーザーさまの要望を元に機能改修したり、新規機能を追加したりするだけでなく、先輩のフォローも積極的に行いチームに貢献しています。

江波:債権管理システムの開発メンバーとして、2つのバージョンアッププロジェクトに参加しています。先輩のフォローを受けながら詳細設計や機能のカスタマイズを実施するなど、日々成長を実感しています。

竹内:私は文系出身なので、プログラミング経験がありませんでした。でも、ITFORは6ヵ月間も研修を実施してくれるので、安心してチャレンジすることができたんです。研修期間中に「ORACLE MASTER Bronze」や「Java Silver」などの資格に挑戦するのですが、基礎からしっかり学べたので無事取得できました。ITFORでは文系出身の先輩がたくさん活躍しているのも、入社前の不安を和らげてくれましたね。江波さんも文系だよね?

江波:そうそう。文系出身だし、そもそも今まであまりパソコンに触れてこなかったんです。研修では専門用語を理解するのに時間がかかり、同期の中でも苦戦してしまいましたが(笑)、先輩や同期の丁寧なサポートがあったおかげで資格取得できました!この時に学んだことは、現在の仕事に本当に役立っています。

インタビュー応対中

業務の疑問を解消し、
目的をもって仕事をする
それが、お客様のためになる

竹内:一番印象に残っているのは、輸入食品雑貨店のECサイトの改修を一人で担当させてもらった時のことです。この案件のプロジェクトマネージャー(PM)は西日本事業所の方だったので、メールと電話でのコミュニケーションが基本でした。改修を進めるうちに分からないことがたくさん出てきたのですが、PMとは物理的に距離が離れているので気軽に相談できません。そこで、毎日定例でコミュニケーションをとる仕組みを作ってもらい、疑問を一つひとつつぶしていくようにしました。時間をかけて丁寧に説明してくださったおかげで、トラブルなくリリースできた時は、大きな達成感がありましたね。

江波:一人で改修を担当するってすごいよね!そのプロジェクトを通して成長できたことは何だと思う?

竹内:分からないことを分からないままにしない、という姿勢が身についたことかな。業務が止まらないレベルの疑問点は憶測で動いてしまえることもあると思うのですが、勘違いで後々大きな手戻りが発生してしまうリスクがあります。ちょっとした疑問でも必ず確認をとり、理解した上で仕事を進める意識が高まりました。江波さんの印象に残っている仕事は何?

江波:初めて出張に行った時のことだね。そこで初めて私たちのシステムを利用されているお客様の姿を見て、「現場ではこういう使われ方をされているんだ!」と肌で実感しました。債権管理システムはパッケージ商品なので、どのお客様も基本的には同じ運用をされているのかなと思っていたのですが、実際には現場に即してそれぞれ工夫しながら運用されていて。出張後はお客様から問い合わせをいただいた時に、現場での運用方法をヒアリングし、それぞれに最適な回答を心がけるようになりました。

竹内:現場を知るってすごく大事だよね!江波さんは仕事でどんなことにこだわっているの?

江波:仕事の目的を理解すること!何のために作業しているのか目的を理解すれば、仕事のモチベーションがアップしますよね。そのためにも、先輩や上司、お客様とのコミュニケーションを大事にしています。出張に行って運用現場を知れたのも、目的の理解につながったなあ。

インタビュー応対中

頼られる先輩になるために、
知識と技術を
磨いていく

竹内:将来の目標は、後輩や同僚から頼られるSEになることです。今はまだまだ先輩に頼りっぱなしで、皆さんの協力のおかげで仕事を進められています。ギブばかりではなくテイクができるようになるためにも、基本的な業務知識をしっかりと身につけて、技術力も磨いていきたいですね。そのために、資格取得を目指すなど個人的な勉強にも力を入れています。

江波:私は、後輩に接しやすいと思ってもらえる先輩になることが目標です。挨拶や声掛けをしっかりして、技術的にも頼ってもらえるように、資格取得も頑張りたいですね。そして、お客様と協力会社の方々とも積極的にコミュニケーションを取り、プロジェクトをスムーズに進行する橋渡し的な存在になっていきたいです。じゃあ、最後に学生の皆さんへメッセージを伝えよう!

竹内:OK!システム構築にはたくさんの専門知識が必要ですが、ITFORは研修や社内教育が充実しているので、安心してチャレンジすることができますよ。仕事では壁にぶつかる時もありますが、先輩がしっかりサポートしてくれるので、諦めず前向きに頑張れる人なら活躍できるはずです!

江波:経験を積んで上流工程を担当するようになれば、外出や出張の機会が増えるので、「外に出てアクティブに行動したい!」と考えている人にも向いている仕事だと思います。私たちも先輩としてサポートするので、一緒に頑張りましょう!

竹内の1日

oneday システムエンジニアのある1日[竹内さんの場合]

  • 8:30 出社、朝礼

    朝バタバタするのが好きではないので始業より少し早めに出社し、コーヒーを飲んでほっと一息。9:00から業務を開始します。

  • 10:00 テストの仕様書作成

    今携わっている債権回収システムのテストのための仕様書を作成。システムの品質を上げるためには欠かせない大切な作業です。

  • 12:00 ランチタイム

    江波さんと一緒にお弁当でランチタイム!先輩と一緒に外に食べに行くこともありますよ。

    ランチタイム
  • 13:00 打ち合わせ

    ランチでリフレッシュした後は、協力会社の方との打ち合わせ。まだちょっと緊張します…。

    打ち合わせ風景
  • 15:00 ローンチを控えた
    管理システムのプログラミング

    研修で学んだ基礎知識を存分に発揮できています。分からないことがあっても、先輩が丁寧に教えてくれるのでとっても心強いです。

  • 17:40 お仕事終了!お疲れ様でした

    テストの仕様書を完成させて、今日の作業は終了!先輩が新人にとても気を遣ってくれるので、今は残業することはほとんどありません。今日は江波さんと仕事が終わるタイミングが同じだったので一緒に帰ります!

my favorite 私の好きなモノ、コト、ジカン

麻雀の画像

同期は仲良し!休日は趣味に打ち込んで気分転換。

竹内:今ハマっているのは、料理、水たばこ、麻雀です(笑)!先輩や友達、江波さんをはじめ同期の仲間ともよく遊びに行っています。

ゴルフの風景

江波:最近ゴルフをはじめました!元々父がゴルフ好きで、ITFORにもゴルフ好きな社員がいるので、皆とプレイできるように腕を磨いています。