RPA 業務自動化ソリューション(NICE RTSシリーズ)

RPA業務自動化を実現する全自動ロボロボティック・プロセス・オートメーション
(RPA:Robotic Process Automation)

メール

人間30人分以上の処理能力を持つ管理業務自動化システム
RPA業務自動化 全自動ロボ「ナイス・ロボティックオートメーション」

RPAによる業務自動化が今、話題になっています。
RPAとは、Robotic Process Automation の略。人間の補完として業務を遂行できることから、Digital Laborまたはソフトウェアロボットとも言われています。
反復的で何らかの決まった手順に則って事務処理が行われる「バックオフィス部門(間接部門、例えば人事・経理・総務・営業管理・情報システム部門など)」の業務を自動化するシステムです。サービスの申し込みや修理などを受け付けた後の事後処理のようなコールセンター業務はもちろん、現金決済や会計処理、支払い処理など銀行・証券の分野など、あらゆるバックオフィス部門で今まで人間が行っていた作業をあたかもロボットが作業するかのように完全自動化します。このようにRPAは大きな可能性に満ちたツールと言えます。

ナイス・ロボティックオートメーションイメージ

こんなお悩みありませんか?RPAで解決します!

多くの企業では、人件費削減、業務効率化、売上向上、社員の満足度向上、顧客満足度向上などさまざまなお悩みを抱えていらっしゃいます。「課題を改善するためにはどうすればよいだろう?」「投資対効果(Return On Investment:ROI)に勝れたソリューションはないだろうか?」
そんな皆さまのお悩み例を挙げてみました。

  • 定型業務・反復作業に多大なマンパワーがかかっている。

    • 業務効率化ができない!
  • 人手による作業のため、単純な事務作業にミスが発生する。

    • ケアレスミスが無くならない!
    • ミスへの対応に負荷がかかる!
  • 作業担当者の経験量やスキルに依存し、作業品質がばらばら。

    • スタッフの研修費が増える!
    • ロスも贈える!
  • 人不足で採用が困難に。結果、定型業務に優秀な人材を配置することに。

    • 採用費が増える!
    • 優秀な人材の離職率が増える!
  • 日々の業務で手いっぱい。人間は人間しかできない仕事に専念させたい。

    • サービス向上に専念できない!
    • 顧客満足度が向上しない!
  • 1日の仕事量が減らず、残業時間が軽減されない。生産性が向上されない。

    • ワークライフバランスが保てない!
    • 働き方改革が進まない!

RPA業務自動化はWEBやPC操作の業務で皆さまのお悩みを解決します。
上記のようなお悩みをお持ちでしたら、今すぐ当社へご相談ください。まずは資料請求を。

解決策はここにあります! まずはRPA「デモ動画」でイメージを。(1分30秒)

RPA業務自動化 全自動ロボのデモ動画(音声はありません)外部データ取り込み(Excel)編 

Excelデータを社内システムに登録する際、コピー&ペーストをして手入力で作業していませんか?
アイティフォーが提供するロボット「RPA業務自動化 全自動ロボ」なら、人間よりも圧倒的な速さでデータを入力することが可能です。なんと245倍のパフォーマンス。しかも24時間稼働ミスもしません
ぜひ皆さまの目で実際にロボットの動きを、デモ動画で確かめてみてください。

<参考>「RPA業務自動化 半自動ロボ」のデモ動画(1分20秒)はこちらから

人間30人分以上の処理能力を持つ管理業務自動化システムRPA業務自動化 全自動ロボとは?

人間が行うPC操作をRPAで自動化

RPA業務自動化 全自動ロボ「ナイス・ロボティックオートメーション」では、人間が行うPC操作のすべてを自動化することができます(「Microsoft .NET」および「Java」対応アプリが対象)。
RPAの分かり易い例は、「顧客データベースから氏名や連絡先などをコピー&ペーストで受付システムへ入力する」「登録が終わったらメーラーを立ち上げて宛先、件名、氏名、本文を入力して送信する」などが挙げられます。

<RPAで自動化できる操作の例>
  1. クリック操作、入力窓への入力
  2. コピー&ペースト
  3. アプリの起動、ログイン・ログアウト
  4. ウェブサービスの参照
  5. データベースへのクエリー発行

RPA業務自動化のイメージ

接続性と統合管理機能が特長のRPA業務自動化 全自動ロボ

@高度な業務アプリケーションとの接続性

RPA業務自動化を実現するRPAツール(ソフトウェアロボット)は、どんなアプリケーションとの接続性(コネクティビティ)があるかどうかで、ツールの適用業務範囲が異なります。
アイティフォーが提供するRPA業務自動化 全自動ロボ「ナイス・ロボティック・プロセス・オートメーション」は、ExcelなどのMicrosoft製品やWebアプリケーションはもちろん、Salesforceなどのクラウドアプリケーション、SAPやOlacleなどのERPパッケージ、さらにはホスト(エミュレーター)など基幹システムまで幅広く連携接続が可能です。

※関連記事:[RPAお役立ち情報04] RPA導入の第一歩 ―RPAツールの4つのレベルを知る

A高度な統合管理機能を搭載

RPA業務自動化 全自動ロボ「ナイス・ロボティック・プロセス・オートメーション」は、管理サーバーでソフトウェアロボットの稼働内容を集中管理しているため、業務フローが変更された場合も一括で変更が可能です。もちろん、個々の端末上で、勝手な業務フローの変更も許しません。
また、ソフトウェアロボットは、ただ導入すればそれで完結するわけではありません。どのロボットが、どの業務で、どれくらい稼働しているかを管理する必要があります。
アイティフォーが提供するRPA業務自動化 全自動ロボ「ナイス・ロボティック・プロセス・オートメーション」には、ロボットを統合管理する高度な機能が備わっていますので、安心して運用いただくことが可能です。

BPC操作記録ツール「リアルタイムデザイナー(Real-Time Designer)」を使って簡単操作!

RPA業務自動化 全自動ロボ「ナイス・ロボティックオートメーション」では、人間のPC操作手順を本ツールで記録していきます。
リアルタイムデザイナーを起動した状態で人間がPCを操作すると「立ち上げたアプリ名を記録」、アプリの入力窓に文字列を入力すると「入力窓のフィールド名や文字列がどこからコピーされたかの情報を記録」などをリアルタイムで行っていきます。
操作が途中で分岐する場合は、If...Then...Else方式ですべてのパターンを記録することにより、人間と同様に判断を行いながらの作業を行わせることが可能です。

RPAでこんな導入効果が得られます!

RPA業務自動化 全自動ロボの導入によるメリット

RPA業務自動化 全自動ロボ「ナイス・ロボティックオートメーション」を導入することで、これまで課題とされていた皆さまの業務が大幅に改善します。

  1. 人間より圧倒的に仕事量が多い      例)24時間稼働
  2. 大幅なコスト削減      例)FTE(注1)コストの削減
  3. 手続きの迅速完了による顧客満足度が向上
  4. ヒューマンエラーの撲滅      例)入力ミスや手続き、ミスの防止
  5. オペレーターは人間にしかできない業務に専念      例)顧客対応など
  6. 投資の早期回収      例)処理業務の人員削減

(注1) FTE:Full-Time Equivalentの略。組織や業務に従事する人員の数の単位の一つで、常勤従業員に換算して何人分に当たるかを表すもの。

人間がPCで行うすべての操作を自動化

人間30人分〜90人分の処理能力

RPA業務自動化 全自動ロボ「ナイス・ロボティックオートメーション」では、人間が行うと15分(900秒)かかる作業を30秒程度で自動処理することが可能です(当社試算)。
・計算式:900秒/30秒=30人分

バックオフィス部門の人員1人あたりの維持コストを年間800万円で試算すると1年間で以下の金額を回収できる計算となります。
・計算式:800万円×30人=2億4,000万円(8時間稼働の場合)

RPA業務自動化 全自動ロボは、24時間稼働させることができますので、最大30人×3倍=90人分の処理能力を持ちます。人間に比べて大幅短い時間で処理を行うことができるため、お客さまへ「早く対応すること」が有利となる業種・業態には大きな差別化要因となります。

RPA製品の価格について

RPA業務自動化 全自動ロボ「ナイス・ロボティックオートメーション」のご提供価格は、ロボット1体のライセンス料として税抜き350万円からとなっています(オープン価格)。
価格の詳細は、「お問い合わせ」ボタンより弊社までお問い合わせください。

※参照:RPA業務自動化 半自動ロボ「ナイス・デスクトップオートメーション」の価格はこちらから

RPA業務自動化全自動ロボ

RPA導入のためのシステム改修費用0円!

RPA業務自動化ソリューションの導入にプログラミングは不要です

RPAの導入にプログラミングは不要です。

一般的に「あるアプリケーション」が「他のアプリケーション」を操作するためには、相当な作り込みが必要であり、そのためにはAPI(Application Programming Interface)を用意する必要がありますが、RPA業務自動化 全自動ロボ「ナイス・ロボティックオートメーション」では、後述の「リアルタイムデザイナー」を用いることにより、ロボットに処理させたい操作を簡単に設定することができます。

RPAにはプログラミングは不要

RPA業務自動化ソリューションの導入に既存システムの改修は不要です

RPA業務自動化ソリューションの大きな特長は既存システムを一切、改修する必要がないことです。業務の処理には今現在使っているシステムをそのままお使いいただきます。RPAが海外で急速に普及しているのは、現状のシステムをそのまま使って「作業スピードの向上」や「ミスの無い業務処理」を実現できるからです。

RPA導入の投資額は、8ヶ月から回収が可能

RPA業務自動化 全自動ロボは、これまでのシステム開発投資に比べ、比較的早いサイクルで投資額を回収することが可能です。アイティフォーでは、8ヶ月から2年6ヶ月で回収可能であると見込んでいます。特に、導入プロジェクトの規模が大きければ大きいほど業務改革も進み、結果回収期間が短くなります。これは、単純に業務やタスクにかける時間を純粋に比較した場合での見込みですので、その他人員を雇用するための通勤費や福利厚生のコスト、施設費などを考慮するともっと早い期間での回収が見込まれます。
ROI(投資対効果)は、例えば次のような効果が見込まれ、マイナス面もプラス面も最大化、最適化していくことができます。

  • 業務時間の短縮により人件費の削減
  • スキル不問による教育コストの削減
  • ミス撲滅によるコンプライアンス順守とミスによる会社への損失回避

RPAはどんな業務で効果を発揮するのでしょうか?

RPA業務自動化 全自動ロボにはこんな作業が適しています

RPA業務自動化 全自動ロボ「ナイス・ロボティックオートメーション」は、人間の判断が伴わず、大量でかつ人間が行うとミスを起こしやすい業務に適しています。以下のような業務でのご活用をぜひご検討ください。

  1. ルールに従った定型作業
  2. 間違いを機械が判断できる作業
  3. 交通費精算チェックなどの手計算作業
  4. 繰り返し実施される作業
  5. 大量データ処理作業
  6. 多くの労働力が必要な作業
  7. 手作業だと間違い易い作業
  8. 夜間や休日の作業
  9. データ生成作業:ある所のデータを別の場所で利用(データ移動)
効果を発揮する業務

こんな業務をRPA全自動ロボに実施させてみませんか?

RPA業務自動化 全自動ロボ「ナイス・ロボティックオートメーション」ではさまざまな業務を自動化させることができますが、よく見られる事例としては以下のような業務があります。今まで人間が行っていた業務を大幅に効率化・スピード化するだけでなく、ケアレスミスを撲滅することが可能です。

RPA業務自動化 全自動ロボの業務例
  1. 集計/照合業務
    複数のシステムからデータを抽出して、1つの表に統合・集計する業務。統合・集計したデータを自動でチェックし、元データの誤り(桁の間違いやブランクなどの異常、矛盾データ)を自動検出してレポートを自動作成します。
  2. 決済業務
    インターネットバンキングのシステムと会計システムを連携させて以下の作業を自動化します。
    1)インターネットバンキングのシステムから入金データを自動でExportする
    2)自動で会計システムを立ち上げてExportデータ(入金)と請求データを照合する
    3)決済(売掛金の入金消込み)処理を実行する
  3. データ入力/(不備の)チェック作業
    OCRで読み取った文字をテキストデータとしてシステムへ自動入力する。
    例えば運転免許証をOCRで読み取った場合、名前は名前の項目へ、生年月日は生年月日の項目へ、住所は住所の項目へ自動で入力して行きます。

1分でわかる「RPA業務自動化 全自動ロボとは?」(動画)

RPA 業務自動化ソリューションについて動画(日本語)でわかりやすくお伝えします。  ※音声がありますのでご注意ください。

RPA業務自動化 全自動ロボ「ナイス・ロボティックオートメーション」は、非生産的なルーティンワークやバックオフィス業務をすべて自動化することができます。
例えばどんなケースで活用できるのでしょうか? そして導入した結果どんなメリットが生み出されるでしょうか?

<動画スクリプト>
非生産的な業務を人に任せて自分はより重要な仕事に集中している状況を想像してください。
「ナイス・ロボティックオートメーション」はそれを実現するソリューションです。ルーティンワークやバックオフィス業務をすべて自動化してくれます。例えばお客様が自分の担保をあなたの銀行に移行したいと相談してきた場合を考えましょう。オペレーターが承認願いを行い、発生するすべての作業プロセスは「ナイス・ロボティックオートメーション」が代わりに担当します。もちろん、サードパーティーのアプリケーションでもこうしたリクエストに対応可能ですが、このロボットはあらゆるデスクトップ上での作業を担当します。例えばアプリケーションの立ち上げ、情報の受け渡し、計算、そしてボタンのクリックまで、そして完了時には承認取得までも実施します。
「ナイス・ロボティックオートメーション」は自動化されたすべてのタスクの実行にかかわるレポートを作成します。これによりベテラン社員にはより適した作業を割り当てることができ、ビジネス的な決断の質も向上するのです。「ナイス・ロボティックオートメーション」であなたのビジネスをよりシンプルに。

RPA業務自動化ソリューションのプレスリリース

住信SBIネット銀行株式会社 様

住信SBIネット銀行様は業務部門において、新商品、新サービスの導入に伴い複数の業務端末を駆使している状況が課題となっています。 同社はRPAを導入することで、一部手作業が入る事務の業務時間を10分の1にできると試算しております。(プレスリリースより)
詳細 =>「住信SBIネット銀行様からロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)を受注」はこちらから

RPA業務自動化ソリューションの導入事例

海外事例:欧州大手家具量販店 様

欧州大手の家具量販店様は、配達スケジュール調整業務の効率化を図るためRPA業務自動化ソリューションを導入。全自動ロボと半自動ロボの導入効果で合わせて年間20万件もの処理が可能となるだけでなく、5,000時間の処理時間を削減。人的ミスもゼロ件となりました。

<詳細>
欧州大手の家具量販店様では、配達スケジュール調整業務の効率化を図るため、RPA業務自動化ソリューションを導入しています。当初はスタッフが、顧客が登録した配達希望スケジュールや住所情報をもとに23もの配達業者との調整を実施していました。RPA業務自動化 全自動ロボ「NICE Robotic Automation」導入の結果、配達業者選定やスケジュール調整から、顧客への配達スケジュール通知まで、一連の業務自動化を実現。結果、年間約15万件の配送対応が可能になりました。さらに4,000時間を削減し業務効率化を達成しました。
また本配配達調整業務では、お客様の希望通りに配送ができない場合の対応も求められました。そこで、半自動化ロボ「NICE Real-Time Process Optimization」を活用し、コンタクトセンターのエージェントに対し、自動で配送可能業者と日時情報を提供。エージェントはその情報をもとにお客様とスケジュールを再調整するのみとなり、年間5万件の配達が可能となると同時に、1,000時間以上もの時間を削減することができました。
この結果、合わせて年間20万件の配達調整処理が可能になると同時に5,000時間の処理時間を削減。さらにはいずれの業務においても、人的ミスはゼロ件となりました。
現在同社は、業務自動化を様々な業務に展開し、すでに60以上のRPA業務自動化ソリューションを導入しています。請求書発行といった簡単なものから、オーダーキャンセル対応といったより複雑なものまで様々な自動化が導入されています。

⇒ そのほかの導入事例は「RPA業務自動化シリーズ導入事例のご紹介」ページで

RPA業務自動化ソリューション その他の製品

アイティフォーが提供するRPA業務自動化ソリューションには、「全自動ロボ」のほかに「半自動ロボ」があることが特長です。業務内容に合った製品を導入することで、より効率的・効果的に生産性の向上を実現することができます。詳細は以下リンク先からご確認ください。

⇒ 半自動ロボ「NICE Real-Time Process Optimization」の詳細はこちらから

RPA業務自動化半自動ロボイメージ