金融機関向けソリューション【審査・推進系】

電子契約システム

メール

電子契約システムとは

電子契約システムとは、審査システムなどから出力されたローン契約書のPDFファイル上に、直接電子署名を実施することで契約を完結させるシステムです。

電子証明書を発行する認証局やタイムスタンプを押印するタイムスタンプ局、契約書を保管する電子書庫といった、国際基準に準拠したセコムトラストシステムズ社の仕組みを活用しており、安心・安全にお取引がいただけます。

電子契約システムとは

電子契約システムの導入メリット

電子契約システムを導入いただくことで、次のようなメリットが期待できます。

  1. ペーパレス化を実現

    紙の契約書に代わって活用が可能なシステムで、契約書データに電子署名とタイムスタンプを直接付加して保存しておくことができます。そのため、住宅ローンや事業性融資などの融資業務において、紙でのやり取りが削減できペーパレス化が実現できます。

  2. 印紙代が不要

    通常、住宅ローンなどの契約時には契約書に貼付する印紙が必要でした。電子契約システムを導入することで、印紙を貼付する必要がなくなり、顧客負担の低減につながります。

  3. Web完結のため顧客の利便性向上

    Web申込の普及などにより、Web上で契約を完結させたいというニーズが増加しています。
    電子契約システムを導入することにより、顧客は全てWeb上で完結することが可能になり利便性が大幅に向上します。他社/他行との差別化にもつながり、サービス向上が図れます。

  4. 契約書の管理費用の削減

    紙の契約書を保管するスペース、管理費の削減が可能になります。さらに契約書データはセコムトラストシステムズ社の「電子書庫」にて管理されるため、セキュリティー上も安心です。

当社システムとの連携について

金融機関向けシステムとの連携でさらなる効率化を図る

電子契約システムは、単体でお使いいただくことも可能ですが、当社の金融機関向けシステムとの連携により、より効果を発揮することができます。

例えば個人ローン業務システム「SCOPE(スコープ)」や「ローン申込Web受付システム」と連携すると、マイページ機能などを活用したWeb完結型の個人ローン融資が可能になります。これにより、金融機関はローン契約の形式について選択肢を増やすことが可能となり、よりお客様の利便性向上を図ることが可能になります。もちろん自社/自行の業務効率化も実現可能です。

詳しくは、弊社までお問合せください。

連携イメージ

連携イメージ

×