キャッシュレス決済ソリューション

他社とはここが違う!アイティフォーの強み

メール

トータルソリューションができます

女性の写真

1金融業界、小売業界の両方に精通

金融機関で圧倒的なシェア

1983年に債権の督促を行なう「オートコールシステム」を日本で初めて開発。現在では金融機関における債権回収業務システムの分野で圧倒的なシェアを獲得するなど、長年にわたる数多くの構築実績で蓄積したノウハウを持ち、業界に精通しています。

日本初のオンラインPOSシステムを開発

1975年に日本初のオンラインPOSシステムを開発した当社。それ以降、地方百貨店を中心にホームセンター、専門店、GMS、SM、ドラッグストアなど、幅広い業態に対応した基幹システムを提供し続けています。その豊富なノウハウと技術力により、端末をただ提供するのではなくPOS接続を実現するなど、お客様に最適なソリューションをトータルでご提供することが可能です。

小売業界にも精通

2自社調達、自社開発で製品化

新たな決済手段へも最小限のコストや期間で対応

当社では、端末に組み込むソフトウェアを開発しご提供しています。そのため日々変化する決済手段にも、端末を差し替えるのではなく、ただソフトウェアをバージョンアップするだけで実現が可能なため、コストや期間はかかりません。自社開発ならではのメリットです。

小売業でのノウハウを活かして操作性を追求

POS開発など店頭販売業務を熟知している当社は、店舗スタッフがスムーズに決済処理をできるように、そしてお客様をできるだけお待たせしないようにシンプルな操作性を追求しています。タッチパネル形式で店舗スタッフは直感的に操作ができるため、詳細マニュアルは読まずに対応ができたとの声も。当社での開発ならではのこだわりです。

操作性を追求

事業展開に応じてカスタマイズも可能

アクワイアラである金融機関や加盟店によって、ターゲットとなる顧客層や必要とする決済手段などさまざまなニーズが存在し、そしてまた社会と共に変化します。当社では、自社開発で対応できるため、ソフトウェアのカスタマイズも柔軟に対応が可能です。

決済端末本体の改良も追求

当社のマルチ決済端末「iRITSpay決済ターミナル」は、台湾の決済端末メーカー キャッスルテクノロジー(Castle Technology)社の「VEGA3000」シリーズを採用しています。当社はキャッスルテクノロジー社と直接取引をしているため、当社のさまざまなリクエストが反映されています。従って、海外製品ながら日本の小売業に求められる機能を細部までこだわった端末となっています。

端末本体の改良も追求

3セキュリティーも万全

「PCI DSS」に準拠

当社のクラウドセンター「iRITSpay」はPCI DSSに準拠しています。
割賦販売法の改正(※1)を受け、ECサイトは2018年3月までに「カード情報の非保持化」または「PCI DSS(※2)」への準拠が必要となり、また、2020年までにはクレジットカードの「ICチップ対応」も義務付けられています。その結果、キャッシュレス決済端末の導入やPOS対策がカード加盟店に求められることになりました。なお、決済端末でカードを読み取るだけで「保持」と見なされるため(通過も保持)、PCI DSS準拠は必須となります。義務付けに対応しなかった場合、カードが不正利用された場合の賠償は加盟店の責任となる「ライアビリティシフト(責任の移転)」が義務付けられました。
ICカード対応や端末導入の動きは以前からありましたが、2020年のオリンピック開催を前にして、クレジットカードのセキュリティー基準が国際水準へ引き上げられたものです。

PCI DSSに準拠

(※1)割賦販売法とは、クレジットでの取引などに対し、事業者が守るべきルールを定めたものです。その目的には「購入者などの利益の保護」「割賦販売などに関する取引を公正に行う」「商品などの流通、役務の提供を円滑にする」などがあります。また、改正割賦販売法では、ライアビリティシフト(責任の移転)が適用され、偽造カードなどが小売店の端末で使用された場合の被害補償は小売店側の責任となることが決定されています。

(※2)PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard)とは、JCB・American Express・Discover・マスターカード・VISAの国際ペイメントブランド5社が共同で策定した、クレジットカード情報や決済情報を保護するための、グローバルなセキュリティー基準です。割賦販売法の改正を受け、ECサイトは2018年3月までに「カード情報の非保持化」または「PCI DSS」の準拠が必要となり、対面販売においては2020年までに同様の対応が必要となりました。

「PCI PTS」に準拠

当社のマルチ決済端末「iRITSpay決済ターミナル」は、台湾のキャッスルテクノロジー社の「VEGA3000シリーズ」を採用しています。「VEGA3000」は、国際標準のセキュリティー基準である「PCI PTS」(※)に対応しています。

(※)「PCI PTS」はPayment Card Industry Pin Transaction Securityの略です。クレジットカード決済時に必要なPIN入力を行う決済端末に求められるセキュリティ基準で、スキミングやデータ盗難被害といったセキュリティ被害に対するリスク対策です。実際に、当端末が無理矢理分解された際には、中に保持されているデータを自動で消去される仕組みとなっているため安全です。

4信頼の実績

以下に、これまでの実績の一部をご紹介します。この他の実績、ならびに詳細につきましては「資料請求/お問い合わせ」ボタンよりお問い合わせください。

金融機関のお客様


店舗・加盟店・その他のお客様