考え方

多様な価値観・バックグラウンドを持つ従業員一人ひとりが能力を最大限発揮できるよう、人財の活躍推進と育成に取り組み、働きがいのある環境・制度の整備を目指します。

人権の尊重

すべての人が自由を確保し幸福を追求する権利を尊重することを企業の責任と考え、社内の取り組みに留まらず、お客様はもとより社会一人ひとりの人権を尊重し事業を継続していきます。

多様な人財の活躍推進と育成

当社の従業員一人ひとりの成長が企業の成長にもつながるという考えのもと、従業員の能力開発、キャリア開発の支援・育成に努めます。また合わせて人事制度の改革を図ります。

具体的な取り組み

新人事制度の構築

人事制度の抜本的な見直しのため、2021年9月よりプロジェクトチームを発足。現状の人事制度、教育体制、運用状況に関する現状分析・問題抽出・環境設定を行うために、コンサルタントによる従業員インタビューとキャリアポテンシャル診断を実施しました。今後は、その結果を踏まえ、プロジェクトチームで協議を進めていきます。

働きがいのある職場環境の提供

社会環境が変わる中、多様な働き方へのニーズやスタイルへと柔軟に対応することで、働き方を改革し、従業員エンゲージメントの向上を図ります。それにより、従業員とともにアイティフォー自らが成長できるようカルチャーを変革していきます。

具体的な取り組み

テレワークの推進

多様な働き方、働きやすい職場環境・風土の醸成、災害等非常時の事業継続性確保のため、2021年9月よりテレワークを恒久制度化しました。テレワーク勤務手当を新設して制度の活用推進をはかるとともに、端末支給など社内インフラの強化に取り組むことで、テレワークを活用しやすい職場環境の整備を進めています。

有給取得率向上の施策推進

有給休暇を積極的に取得することにより肉体的・精神的なリフレッシュを図り、モチベーションのアップや業務効率を向上させ、ワーク・ライフ・バランスを意識した働き方を推進するためにユニークな施策を取り入れています。例えば、誕生月にアニバーサリー休暇を取得すると奨励金支給など、休暇を有意義に過ごせるよう支援しています。

従業員エンゲージメント調査の実施

2021年8月に組織診断サーベイ調査を実施しました。従業員視点での会社や組織に対する期待度・満足度をスコアで可視化し、最適な職場環境、人事制度の構築に活用するとともに、その効果を定期的に測定してPDCAサイクルをまわしながら、従業員のエンゲージメントを高めていきます。

労働安全衛生・健康経営の継続的な推進

就業形態の多様化が進む環境下において、従業員の安全を確保し労働安全衛生を推進するとともに、従業員の健康維持を図るために福祉を増進し、従業員が働きやすい環境づくりに努めます。

具体的な取り組み

ITFORホットライン

パワハラ・セクハラ・コンプライアンスなどの問題が生じた時や見聞きした時、職場の人間関係の悩みや働きづらさを感じた時など、従業員が職場で抱える不安を感じたら相談をできる窓口を内部・外部ともに設置しています。

従業員のメンタルヘルスケア

従業員自身のストレスへの気付きとその対処の支援および職場環境の改善を通じてメンタルヘルス不調となることを未然に防止することを目的に、年1回のストレスチェックを実施。また、必要に応じて産業医との面談実施や、ITFORホットラインを整備しています。